マギーを一蹴したダレノガレ明美、“ゲスノガレ“な一面で好感度上昇中!?

1月6日(水)10時0分 メンズサイゾー

 モデルでタレントのダレノガレ明美(25)がマギー(23)に対してホンネをぶちまけて話題となっているが、ネット上では"意外"な反応が巻き起こっている。


 3日放送のバラエティー特番『世間とズレてる芸能人は誰だ!? ズレ!オチ』(フジテレビ系)で、マギーへの強烈なライバル心をあらわにしたダレノガレ。この番組は、芸能人が自分自身のことを本当に理解しているのか、世間とのズレを暴き出しながらトークを展開するというもの。この中でダレノガレは、「20〜60代主婦100人に聞いたバラエティーで生き残りそうなハーフタレントランキング」で、自分が何位に選ばれるのかを当てるクイズに挑戦した。


 ハーフ系のタレントといえば、10年以上も第一線で活躍するベッキー(31)、公私ともに順調で今後はママタレとしての姿も期待できそうなSHELLY(31)、ハリウッド進出も果たしたローラ(25)、キャスターとしても高い人気を誇るホラン千秋(27)、おバカキャラとしてブレイク中の藤田ニコル(17)など個性豊かな面々がそろっている。


 トップ10入りするだけでも大変そうなランキングを前にしてダレノガレは、「にこるん(藤田)よりは絶対上。マギーは事務所の力が強いんだよな〜」とポツリ。静かにもれたホンネにMCのフットボールアワー・後藤輝基(41)が「お前なんちゅうこと言うねん」とツッコミを入れたが、続けて「マギーよりしゃべれんだよ、私。アイツつまんねーもん」と言い放った。


 さらに、「私のほうがスタイルブック売れた」とカメラ目線で強気発言。ランキングの結果でも、8位のマギーを上回って6位に選ばれた彼女は、「マギーに勝った」「めっちゃ嬉しい」と何度も叫んで大喜びした。ちなみにトップスリーは、1位=ベッキー、2位=SHELLY、3位=ローラだった。


 ダレノガレの過激な発言で番組は盛り上がったが、当然ながらネット上でも大きな話題に。マギーを「つまんねー」と一蹴したダレノガレに対して批判的な声もあったが、多くのネットユーザーたちはダレノガレに好意的な視線を向けたのだ。


 Twitterや大手掲示板サイトなどには、「ここまでハッキリ言えるダレノガレはすごい」「ダレノガレは自分の仕事を理解している」「ヒールキャラは今年も健在だな」などとイメージ通りの発言をしたダレノガレを称賛するコメントが続出。炎上タレントと呼ばれてアンチも多いダレノガレだが、その毒っ気のあるキャラクターはタレントとして大きな武器となっているようだ。


「以前出演したバラエティーで『普段は敬語を使っている』と話していたように、ダレノガレさんはカメラの回っていないところでは礼儀正しいと言われています。TPOをわきまえる彼女とすれば、今回の発言も番組を第一に考えてのことでしょうし、マギーさんとの仲が良いからこそのコメントだったハズです。番組のテーマやカラーなどをきちんと把握している彼女は、バラエティーでもマジメに取り組んだ方が面白いと判断した場合は誰よりも真剣な顔をしていますよね。


 その一方で、昨年の秋にスタートした『THE HOUSE first season』(TOKYO MXほか)では、ゲスい部分を全開にして視聴者を喜ばせています。この番組は、初対面の男女がシェアハウスで繰り広げる恋愛を追ったもので、『テラスハウス』(フジテレビ系)に似ていますが中身はまったくの別物。『THE HOUSE』は男女が同じ布団で一夜を共にしたり、恋愛の駆け引きに姑息なものがあったりするなど、『テラハ』よりも生々しい仕上がりです。


 そんな番組の中でダレノガレさんはVTRを見てコメントしているのですが、『コイツ絶対ヤリ○ン』『こんな女いたらぶっ飛ばす』と、かなり過激な発言を連発した。中にはもっと汚い言葉もあり、『テレビでそんなことを言うな』と批判されそうですが、番組ファンからは親しみを込めて"ゲスノガレさん"と呼ばれています。7日からセカンドシーズンが始まるとあって、ゲスノガレさんの発言を楽しみにしているファンも多い」(ネットライター)


 ダレノガレのマギーに対する発言が大きなバッシングの火種とならなかったのも、的を射た部分があったのだろう。バラエティで絶妙な立ち回りを見せるダレノガレは、群雄割拠のハーフ系タレントの中でも、ひときわクレバーなタイプと言えるのかもしれない。
(文=愉快)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ダレノガレ明美をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ