「垂れてるから、それが豊胸してない証拠」筧美和子、天然バストをアピール! 乳輪サイズもついポロリ

1月6日(金)17時0分 メンズサイゾー

 5日深夜放送の『良かれと思って言わせて頂きます!』(フジテレビ系)で、筧美和子(22)がポロリと大胆な告白をしてファンを刺激した。


 この番組は芸達者で知られる芸人の劇団ひとり(39)やバカリズム(41)らが、「良かれと思って...」と前置きしながら、ゲストに愛のあるダメ出しをするというもの。ゲストに呼ばれた筧は、スタジオに登場するなり「おっぱい以外の武器を身につけた方がいい」と指摘された。


 スリーサイズは上からB89・W60・H85(cm)で、Gカップバストを持つ筧。2014年にはファースト写真集『ヴィーナス誕生』(幻冬舎)を発売し、セクシーな姿で瞬く間に男性人気をアップさせた。それ以降、積極的にグラビア活動を展開し、昨年11月には2冊目の写真集『Parallel』と初のスタイルブック『Me』(ともに光文社)を同時リリース。メインターゲットが男性層の写真集では刺激的な手ブラショットやランジェリー姿を見せ、ネット上に絶賛コメントが殺到することとなった。


 そんな彼女の人気は認めつつも、劇団ひとりは「いつ人気がなくなるかわからない」「(人気が)下降したときに何かやろうとしても遅い」とアドバイス。続けて、今のうちに将来を考えた方がいいと主張し、過去に巨乳をウリに活躍し現在でも芸能活動を続ける女性タレントを例に挙げ、「どんな風になりたいのか?」と質問した。


 その中には巨乳グラドルとして人気を博したかとうれいこ(47)やMEGUMI(35)などの名前があり、筧は小池栄子(36)のようになりたいと返事。グラドルからタレント、そして今では女優としても活躍する小池に憧れているそうだ。


 しかしそんな筧に向かってひとりは、グラドルからAV女優に転身した小向美奈子(31)の路線をプッシュ。これに筧は「ホントですか?」と苦笑い。筧は女優の勉強をしたいと濁したが、ひとりは「小向さんの演技はすごい」「早めのAVデビューを」と畳みかけて彼女を困らせるのだった。


 その後、芸人らは「枕営業はしているのか?」「豊胸手術は?」などとグラビア界の怪しいウワサについて質問。これにも筧は困惑していたが、当然ながら枕営業も豊胸手術も真っ向から否定。胸については、「グラビアを見てもらえるとわかるように(胸が)垂れてるから、それが豊胸してない証拠です」と天然ものであることを強調した。


 この流れから筧のバストのカタチが話題になり、そのトークを基にバカリズムが胸の絵を描くことに。できあがったイラストを見た筧は、「透視されたのかと思うほどそっくり」とコメント。サイドに広がるように垂れ下がっているところが、自分の胸に似ているそうだ。さらに、バカリズムが大きめに書いたという乳輪を見て、「もう少し大きい」と自ら修正した。


 この告白にネット上のファンは、「みーこの乳輪はやや大きめか」「バカリズムの絵がリアルすぎる」「さっそく妄想してしまった」などと大盛り上がり。今回、「おっぱい以外の武器を身につけた方がいい」とアドバイスされた筧だが、こうしたファンの反応を見るに、ビジュアルを生かしたグラビア人気はまだまだ高まりそうだ。
(文=愉快)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

筧美和子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ