BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

ハーフタレントの先駆者だったこずえ鈴の華麗な引き際

messy1月6日(水)12時0分
画像: (フリーディアInstagramより)
写真を拡大
(フリーディアInstagramより)

 元アイドルタレントのこずえ鈴が、昨年のクリスマスイブにアメリカで第一子を出産した。こずえは、2006年に本名のフリーディアに改名。さらにアメリカに渡り、映像クリエイターの男性と結婚し、自身もファッションデザイナーとして活躍している。

 こずえは日本人の父とブラジル人の母を持ち、はっきりとした顔立ち、独特のアニメ声、明るいキャラクターで知られた。いわばバラエティ対応型ハーフタレントのさきがけというべき存在である。

「彼女が活躍していたのは1990年代後半から、2000年代の前半にかけてです。現在のようにハーフタレントが乱立して、インフレ状態となる前ですし、かわいいルックスもあいまってアイドル的な人気を誇っていましたね」(放送作家)

 だが、2003年に留学を名目に芸能活動を休止。2001年にはパンクバンドも結成しており、音楽志向もあったのだろうか。その後も日本に戻らずアメリカを拠点に活動している。こずえはもともと、13歳まではアメリカに滞在しており、英語力も問題ない。それゆえ、あっさりと日本の芸能界に見切りをつけたとも言える。

「元日放送の『ワイドナショーSP』(フジテレビ系)で、社会学者の古市憲寿さんが『ハーフは劣化が早い』と失言して批判を浴びていますが、欧米系のハーフタレントはアジア人と比べて加齢にともなう激太りや劣化を指摘されることが多く繰り返されてきたのも事実。その点で言えば、彼女が活躍していた期間は5年ほどですから、視聴者のイメージは美少女のままです。だらだらと芸能界にとどまらずに、デザイナーに転身したのは、理想的なコースかもしれません。英語を操れたのも大きいでしょう。ウエンツ瑛士のように英語がしゃべれないハーフタレントも多いですから」(放送作家)

 こずえ引退後の芸能界にはハーフタレントが群雄割拠する“戦国時代”が到来する。ローラやベッキーをはじめ“明るく元気”なキャラの立った人間や、トリンドル玲奈やマギーなどスタイルの良いモデル出身のハーフタレントの台頭を前に、こずえが生き残れたかといえば疑問符がつく。やはり、活躍、引退の時期ともにベストなタイミングであったといえる。

(文=平田宏利)

Copyright © CYZO Inc. All Right Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「タレント」をもっと詳しく

注目ニュース
露骨日テレ「香取、草彅いなかったことに…」過去映像から排除! まいじつ8月17日(木)11時15分
(C)まいじつ8月16日に放送されたバラエティー番組『1周回って知らない話』(日本テレビ系)で、『24時間テレビ愛は地球を救う』の過去の映…[ 記事全文 ]
志村けんの相変わらずセクハラ全開「昭和的コント」に視聴者が… まいじつ8月17日(木)10時45分
(C)まいじつ8月16日にバラエティー番組『志村けんのだいじょぶだぁ夏休みドリフだョスペシャル』(フジテレビ系)が放送された。[ 記事全文 ]
コミケ3日間でフォロワー1万人集めればVRアイドルデビュー 結果は400人の大誤算、なぜ無謀な挑戦を?岩本町芸能社に経緯を聞く BIGLOBEニュース編集部8月17日(木)18時51分
コミケ3日間でフォロワー1万人集めればVRアイドルがデビューできるというプロジェクトを実施したVRアイドル事務所「岩本町芸能社」。[ 記事全文 ]
上原多香子「奔放だった男グセ」を「居酒屋デート」ミュージシャンが初激白! アサ芸プラス8月17日(木)17時59分
夫の遺書が死後3年を経て公開され、スキャンダルの渦中にいる元SPEEDの上原多香子。[ 記事全文 ]
上原多香子「フィット感」発言よりもっと“黒歴史”な不倫LINEの数々「会いたくてたまらない病」「チュッ」 messy8月17日(木)2時30分
「女性セブン」(小学館)によって、亡き夫の遺書が公開され、W不倫の過去が明らかになった上原多香子(34)。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア