神田うのが夫のバースデーパーティで濃厚キス、不倫報道・別居を経てなお脱帽の愛!!

1月6日(土)17時0分 messy

神田うのオフィシャルブログより

写真を拡大

 無敵のフリーダムタレント・神田うの(42)は、ホリデーシーズンにこそ輝く。年末年始はパーティー三昧で、毎晩疲れているだろうにアメーバブログで多数の記事を更新し、セレブ生活のお手本を庶民に見せつけてくれた。さらに12月26日更新のブログでは、夫である“ハニーちゃん”ことパチンコメーカー社長・西村拓郎氏の誕生日を祝うパーティの模様を公開、熱烈なキス写真までアップしたのである。

 夫の誕生日とクリスマスのお祝いを兼ねたこの時期のパーティは、UNOが“1年で一番張り切る”、UNO主催の一大イベント。すでに4日前の12月22日から、パーティルームの飾り付けのためお花を生けに来てもらったという。「自分でお花の生け込みをするのが大好きな私ですが この師走の中 今回は時間があるはずもなく 昔からお世話になっているお花屋さんに 生け込みに来て頂きましたよ。」とのことで、普段であれば自分で花を生けているらしい。さすがタレントとしてだけでなく娘の教育にも力を入れ、さらに実業家としても活躍しているUNOはバイタリティがある。

このハニーちゃんバースデーパーティについては、辻希美(30)のBBQ記事のごとく、ブログ記事をいくつも更新、次の記事では日本に36本しか入ってこなかった特別なウエディングラベルのドンペリを今回のパーティのために全て手に入れたと明かしている。しかもそのドンペリのボトルをツリーにして飾り付けするという気合いの入れよう。この一連の記事は本当にすごい、必見である。

 さらに次の記事では、立食パーティで40数名のゲストを招待したので65人分の料理を準備したことも綴られる。「立食は多めに用意するのが鉄則」と、パーティ慣れしているUNOならではの含蓄あるお言葉。料理の一部は斬新な創作料理で一時有名になった園山真希絵(39)も提供しているが、何やら肉団子的な物体に顔の絵が描いてあるという園山センス炸裂なメニューで、一目で彼女が作ったとわかるものだった。

 そして当日。サンタを意識した赤と白のワンピースで多数のゲストを出迎え、ドンペリを32本空けた。この記事ではUNO夫妻の人脈がお披露目されているところが興味深い。さて、濃厚キス写真がアップされているのはこの一連のパーティ記事の最後である。娘と一緒にバイオリンを演奏したUNO。娘さんのミニコンサートののち、ハッピーバースデーの曲を再びUNOが演奏。ケーキタイムとなり、ようやくホッとしたのかUNOはハニーちゃんの膝に乗り濃厚キスをかわした。結婚(最初の挙式)から10年、貴重な夫婦密着ショットだ。「翌日友人から頂いた画像を見て あらこんなにラブラブだったのねって(笑)実はあまり覚えてません(笑)」ととぼけるUNO。う〜ん最高である。

 ネット上では濃厚キス写真投稿に「誰得」「成金臭がえげつない」などあからさまに嫌悪する声が大半。「四十五十のイチャイチャは世間に晒すもんじゃないね。偏差値物凄く低い感じがする」など、年齢をわきまえろという声もあるが、いくつになっても仲が良いのは結構なことである。歳を重ねたから愛情表現は隠せといわれても、“死ぬまでセックス”の時代である。この一連のパーティ記事を読んで筆者はかなり感動した。“1年で一番張り切る”パーティの準備に奮闘し、それを大成功させ、ようやくホッとしたUNOと、盛大に祝ってもらった夫がパーティ最後にかわす濃厚キス、祝いと感謝、労いのキスなのである。ちなみにベビーシッター盗難事件で被害者なのにバッシングを受けて以降、「ブログはアップ前に誰かにチェックしてもらう」ようにしているそうで、このキス投稿もチェック済み・問題なしと判断されてアップしているはずだ。

 この一連のパーティ記事を読んで、UNOのパーティスキルの高さに感服しまくった筆者はUNOブログで「パーティ」で検索をかけてみたところなんと372件もヒットした。パーティに参加することもあればホームパーティを主催していることも珍しくない。またおそらく今回のハニーちゃんバースデーパーティの時期に親戚家族と合同で食事会も開催している。多忙な中、ここまでの準備を完璧にこなせるUNOの手際の良さには感服せざるを得ない。これからホームパーティの際はUNOのブログを見てその準備の段取りや気配りどころなどを参考にしたいと思った。ホームパーティなど年に1度あるかないかの庶民ではあるが……。

 さて濃厚キス騒動に際し「本当にラブラブな夫婦はこんなことしない」「神田うのが誰かに見せつけてるんだよ 旦那の愛人あたりかな」という、だんなの愛人への当てつけキスを疑うコメントも散見された。UNOのハニーちゃんは、UNOと結婚した翌年の2008年3月に、当時の愛人女性を連れて北海道旅行したことを写真週刊誌に報じられている。UNOとの結婚前には、女性に刺されたこともあるという西村氏。元愛人が週刊誌に語ったところによると、自分は複数いる西村氏の愛人の1人で、西村氏に呼び出されて肉体関係を持つことが多く、過去に刺されたというわき腹のキズを見せられたこともあったという。この報道で激怒したUNOが家出したとも当時報じられており、以後、「私たち夫婦はこういうスタイル」と別居婚を公表している。一方、このお忍び不倫旅行が報じられる直前にUNOのほうもハニーちゃんとの共通の知り合いと仕事先のパリで密会したと報道されていたが「会っていません。(パリで)見てもいません」と疑惑を一蹴している。

「実はあまり覚えてません(笑)」と言いながらこの濃厚キス写真をアップしたUNOに、ハニーちゃんの浮気を心配し、愛人らをけん制する思惑があったかどうか、腹の底はわからない。様々な憶測を呼ぶ写真であるが、ハニーちゃんのためにここまでのパーティやってのけるUNOの愛情はしっかりと感じられる。別居婚であっても、UNOはUNOらしく夫を愛しているのだ。

(ブログウォッチャー京子)

messy

「パーティ」をもっと詳しく

「パーティ」のニュース

BIGLOBE
トップへ