堂本光一、総額約50億円の高級車に囲まれ興奮「たまらない」「幸せです」

1月6日(月)14時16分 マイナビニュース

KinKi Kids堂本光一が6日、都内で行われた映画『フォードvsフェラーリ』(2020年1月10日公開)の公開記念イベントに登場。筋金入りのフェラーリファンとして知られ、本作を応援するアンバサダーに就任した堂本は、会場に並んだ21台推定50億円の高級車に「たまらない」「幸せです」と興奮していた。

本作は、絶対王者フェラーリに立ち向かった男たちの奇跡のような挑戦の実話。マット・デイモンとクリスチャン・ベイル、アカデミー俳優の2人が初共演で主演を務める。

イベントでは、フォード車9台とフェラーリ車11台がずらりと並べられた会場に、本作に登場するフォード車・GT40に乗車して堂本が登場。「たまらなかったです。フェラーリ好きなので申し訳ないなと思いながら乗っていたんですけど、無駄にアガりますよね! この空間がたまらないです」とうれしそうに笑顔を見せた。

そして、「最初にこのお話をいただいたときに、どちらかというとフェラーリが好きな人間なので、その時代ってフォードがフェラーリをぶっ倒すストーリーだよなと思って不安になった」と打ち明けた上で、「見てみたらそんな不安は吹っ飛び、フォードのやり方、フェラーリのやり方を忠実に描いていて、フェラーリ好きとしても楽しめる映画。車好きじゃない人も心から楽しめる映画になっていて本当に素晴らしい映画だなと感じました」と本作を絶賛した。

映画のアンバサダーを引き受けるのは今回が初めて。「本当に光栄ですし、今まで車好きと公言してきて良かった。こんなおいしい仕事をさせてもらっていのかなと。この場所にいられることが幸せですね」と喜びをあらわにし、「フェラーリはレース資金を稼ぐために市販車を作っている。フォードは真逆で、その2つが戦ったときにどっちがいい車を作るのよって、こんな面白い話ないじゃないですか。0.1秒でも早くゴールすれば勝ち。そこに何億もつぎこまれる。こんなバカなことはない。そこがいいところ。エンジニアもドライバーも、どれだけみんなが命をかけて…」とレースの世界の魅力を熱く語った。

マイナビニュース

「堂本光一」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「堂本光一」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ