AKBがアルバム12作同時TOP100、女性グループの歴代新記録を樹立。

1月6日(日)4時0分 ナリナリドットコム

昨年末発表の「第45回オリコン年間ランキング2012」で「アーティスト別トータルセールス」「シングル作品別売上枚数」など最多5部門で1位に輝いたAKB48が、2013年最初の発表となる1月7日付けのオリコン週間アルバムランキング(集計期間:2012年12月24日〜30日)で快挙を達成したことがわかった。

AKB48がAKB48劇場における公演の曲順そのままに、公演メンバーによる歌唱でレコーディングしたスタジオ音源「studio recordingsコレクション」全19タイトル(2013年1月1日発売)が、昨年12月27日(木)から店頭で発売され、そのうちの11作と「1830m」(昨年8月発売)を合わせた計12作がTOP100入り。これまで女性グループによる「アルバムの同時TOP100入り記録」は、キャンディーズ(1978年5月29日付け)とKARA(2011年3月7日付け)の「5作同時」が最高で、今回はその記録を「7作」更新した。

また、ソロを含め女性アーティストによる10作同時TOP100入りは、美空ひばり(1989年7月31日付けほか:最多12作同時)、松田聖子(2009年8月17日付け:13作同時)のみで、オリコンランキング46年目で史上3組目の記録となっている。

今回発売されたのは、過去にデフスターレコーズとAKSから発売の全12タイトルに、初CD化となる未発表の公演セットリスト7タイトルを加えた全19タイトル。オリジナルアルバムやシングルには収録されていない劇場公演だけの楽曲も多数収録されており、ジャケットはすべて撮りおろした。

なお、昨年末にAKB48からの卒業を発表した、河西智美(21歳)のソロデビューシングル「まさか」(12月26日発売/日本クラウン)は、3.3万枚で3位に入っている。


☆1月7日付けTOP100入りAKB48タイトル

31位「Team B 3rd Stage『パジャマドライブ』」
43位「Team K 4th Stage『最終ベルが鳴る』」
46位「Team A 4th stage『ただいま恋愛中』」
58位「ひまわり組2nd Stage『愛を死なせるわけにいかない』」
59位「ひまわり組1st stage『僕の太陽』」
70位「Team K 6th Stage『RESET』」
71位「Team A 6th Stage『目撃者』」
72位「Team B 5th Stage『シアターの女神』」
77位「Team A 5th Stage『恋愛禁止条例』」
79位「1830m」
81位「Team K 5th Stage『逆上がり』」
88位「Team B 4th Stage『アイドルの夜明け』」

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アルバムをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ