西川史子涙「元旦はペヤング」、おせちやお餅は「一個も食べてない」。

1月6日(月)4時44分 ナリナリドットコム

女医でタレントの西川史子(42歳)が1月5日、情報番組「サンデー・ジャポン」に出演。ほかの出演者と共に年末年始の過ごし方を聞かれ、「東京で寂しいお正月で……」と涙ぐみながら語った。

「香港に行ったけど、中国人が多いね」と、デーブ・スペクターがスタジオを凍りつかせた中、続けてMCの爆笑問題・田中裕二から「西川さんは海外で過ごしたりとか?」と振られた西川。

それに東京で過ごしていたことを明かし、さらに「元旦はペヤング食べました。ちょうど棚の中に一個入ってた」と、夫と一緒ではなく、一人のお正月だったことを示唆した。また、「(おせちは)食べてないんです。お餅も一個も食べてない」と語ると、スタジオはデーブとはまた異なる気まずい雰囲気に。

ほかの出演者から「喧嘩でもしたんですか?」「どうしたんだよ、何があったの」と聞かれるも、涙を堪えながら西川は黙るのみで、“なぜ”に答えることはなかった。

また、番組の最後に今年の抱負を聞かれると「自分を磨くために、もう今までの仮面を付け替えて、新しい自分になりたい、なろうと思ってます」と意味深なコメント。田中から「ペヤングといい、なんかあったと思っちゃう」とつっこまれるも、やはり涙の真相については語らなかった。

西川は2010年2月に結婚。昨年1月には同番組で夫の家出を告白するなど、幾度か離婚危機と報じられている。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

西川史子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ