「スター・ウォーズ」作曲家、ハン・ソロ作品も

1月6日(土)0時5分 ナリナリドットコム

ジョン・ウィリアムズが、ハン・ソロを主人公にした「スター・ウォーズ」スピンオフ作品のテーマ曲を制作すると報じられている。

5度のアカデミー賞受賞経験を持つジョンは、これまでも「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」を除き、同シリーズ全作にわたって音楽を担当してきた。

そんなジョンは最近、ヴァラエティのインタビューの中で、同シリーズスピンオフ作品「ソロ:ア・スター・ウォーズ・ストーリー」のテーマ曲を手掛けることを次のように明かした。

「今のところ、僕が制作したハン・ソロのテーマ曲をジョン・パウエルが楽譜に起こすことが決まっているよ。彼は良い仕事をしてくれると思う。ジョンの作品はいつも僕をハッピーにさせてくれるんだ。僕がこれからやるべきことは完成した作品をジョンとロン・ハワード監督のもとへ届けることだよ。皆が気に入ってくれれば僕も嬉しいんだけど」

同作ではミレニアム・ファルコンの船長で、帝国滅亡を目指し組織された反乱軍のリーダーの1人でもあるハンの若き日々の冒険が描かれる予定だ。2015年公開の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を含むオリジナル版4作で同役を務めたハリソン・フォードに代わり、アルデン・エーレンライクが主演に抜擢された。

映画の中ではハンとチューバッカの2人が、ランド・カルリジアン(ドナルド・グローバー)と初めて出会うシーンや、ハンの師であり彼を冒険の旅へと導くこととなったベケット(ウディ・ハレルソン)についても描かれる。

創作性の違いを理由に監督を降りたフィル・ロードとクリス・ミラーに代わり、同作の監督に就任したハワードだが、同シリーズの世界観を様々な角度から楽しんだとしつつも、プレッシャーは確かに感じていたようで、こう話している。

「僕にとっては大きな挑戦だったよ。才能豊かな俳優たちのエネルギーを『スター・ウォーズ』という遺産の期待に添えるかたちで活かさなければならなかったんだから。全てに意味があるようにね」
「ネタバレになるといけないからこれ以上は言えないけど、貴重な経験ができたことは確かだしファンの皆も絶対に喜んでくれると思うよ」

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

スター・ウォーズをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ