サンドウィッチマン、2時間ドラマ“ガッツリ出演”が話題

1月6日(月)7時32分 ナリナリドットコム

お笑いコンビ・サンドウィッチマンが、1月5日に放送されたドラマ「西村京太郎トラベルミステリー71 ニセ十津川とニセ亀井」(テレビ朝日系)に出演。ちょい役ではなく、メインゲストとしての“ガッツリ出演”だったことが話題を呼んでいる。

歴史ある「西村京太郎トラベルミステリー」シリーズは、十津川警部と亀井刑事の名コンビが事件を解決していく人気作品。現在は十津川警部を高橋英樹が、亀井刑事を高田純次が演じているが、今回、サンドウィッチマンの伊達みきおと富澤たけしは、それぞれ“ニセ十津川”“ニセ亀井”として、物語の核となる、重要な役どころを演じた。

ドラマの中では、取調室で机に足を上げて刑事に悪態をつくシーンや、手持ち花火を笑顔で楽しむ回想シーンなど、サンドウィッチマンのファンにはたまらないシーンが多々。また、「宮城県出身」「役名が達川幹生(伊達みきお)と富山岳史(富澤たけし)」といった遊び心もあり、放送中からTwitterなどネットでは「正月から良いモノ見た(笑)」「高田純次もいるしお笑い要素強いな今回はw」「サンド2人で一緒に出てるのがいいよね」「意外と違和感なかった」「コントぽくてニヤニヤしてしまったww」など、ファンの喜びの声が上がった。

高橋英樹は、昨年2月に娘の真麻と共に芸能事務所グレープカンパニーに移籍。同事務所ではサンドウィッチマンが“先輩”にあたり、ネットでは「高橋英樹のバーターがサンドウィッチマンってこと?(笑)」などの声も出ていたようだ。なお、今回の「西村京太郎トラベルミステリー」には、同じくグレープカンパニー所属のピン芸人・トミドコロ、お笑いコンビ・あがすけも出演した。

ナリナリドットコム

「サンドウィッチマン」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「サンドウィッチマン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ