ロッド・スチュワート、ホテルの警備員殴る

1月6日(月)23時17分 ナリナリドットコム

ロッド・スチュワート(74歳)が、昨年の大みそか午後11時9分頃に米フロリダ州のパームビーチにて、ホテルの警備員を殴ったという。

英紙デイリー・メールが入手した警察の報告書によると、ロッドとその息子ショーン・スチュワート(39歳)が事件の当事者として名前が記載されており、2人は泊まっていたホテルの子供用エリアで開催されていたプライベートイベントに入場しようとしたそうだ。

ホテルの警備員ジェシー・ディクソンが警察に話したところによると、2人にそのエリアに立ち入らないよう要請したところ、彼らは大声を上げて騒動を起こし始めたとのこと。

そして1人の男(※後にショーンと判明)が自分の目と鼻の先まで面と向かってきたため、ディクソンは右手を彼の胸にあて、後ろに下がるよう頼むと、ショーンは乱暴に押し返してきたそうだ。そして次にロッドがパンチを入れディクソンの左の肋骨部に命中したという。

一方、ロッドは自分の子供たちをそのイベントに参加させようとしたと主張。入場を断られ、ディクソンが家族に口論をふっかけてきたため、自分たちはカッとなったとしている。

しかしホテルの従業員2人はディクソンの言い分が正しいと証言。記録映像からもショーンとロッドが加害者と判断されたそうで、2月5日にロッドはパームビーチ郡での出廷が言い渡されたという。

ナリナリドットコム

「警備員」をもっと詳しく

「警備員」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ