新木優子“手フェチ”告白、ダントツで好きだった手は…

1月6日(月)5時24分 ナリナリドットコム

女優の新木優子(26歳)が、1月5日に放送されたバラエティ番組「行列のできる法律相談所3HSP」(日本テレビ系)に出演。“手フェチ”であると明かし、8人の男性芸能人の中から最も好きな手として明石家さんまの手を選んだ。

新木はこの日、男性の年季を感じる手が好きで「人柄を感じる」と“手フェチ”であると告白。そしてさんまら、男性芸能人の中から自分好みの手を選ぶこととなった。

新木は「一番は爪ですね」と好みのポイントを語りながら、衝立て越しに差し出された右手を直接触ってチェック。新木が「結構ダントツですね」と言いながら選んだのはさんまの手で、さんまは照れながらも「オレをダマしにかかってる。ハメてるな、俺を!」と驚きを隠せなかった。

さんまの手を選んだ理由について、新木は「人柄を感じる手の甲と、爪の形が一番きれいでした」と語り、さんまを再び喜ばせた。

ナリナリドットコム

「新木優子」をもっと詳しく

「新木優子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ