注目ワード中国・メディア 水曜どうでしょう・新作 喫煙・朝日と東京 TOKIO・松岡昌宏 海自護衛艦・神奈川・横須賀基地 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

エレファントカシマシ、熱狂の武道館2Daysでライヴ初め!

OKMusic1月6日(火)15時0分
画像:1月4日(日)@日本武道館 (OKMusic)
写真を拡大
1月4日(日)@日本武道館 (OKMusic)
画像:1月4日(日)@日本武道館 (OKMusic)
写真を拡大
1月4日(日)@日本武道館 (OKMusic)
画像:1月4日(日)@日本武道館 (OKMusic)
写真を拡大
1月4日(日)@日本武道館 (OKMusic)
1991年より続く、エレファントカシマシ恒例の新春ライヴ! 今年は15年ぶりに日本武道館での2DAYS開催となった。

春を歌った「夢のちまた」で始まった2015年のエレカシ新春ライヴ。“ようこそ、始まるぜ2015年。いらっしゃいEverybody”のMCから“今はここが真ん中さ! みんなに捧げます”と代表曲「悲しみの果て」を披露すると、会場のボルテージはいきなり最高潮に! ヴァイオリンの金原千恵子とチェロの笠原あやのという、エレカシファンにはおなじみのストリングスチームを呼び込んでの「リッスントゥザミュージック」はまさに圧巻。そこからのストリングスをいっしょに披露した「昔の侍」「普通の日々」「明日への記憶」「あなたへ」のコーナーは、まさに新春ライヴにふさわしい豪華な演奏だった。

さらに、“今年は絶対かせぐためにヒット曲を出すんだということで、ゲンのいいこの曲を聴いて下さい”と披露されたのは、エレカシ最大のヒット曲「今宵の月のように」。まさに新年らしい願いが込められた曲を披露すると、会場はこの日一番の大歓声に包まれた。

「大地のシンフォニー」でスタートした2部は、お年玉代わりにとばかりになんと新曲を2曲披露。そして、“新しい季節がもう始まっています。みんなで一緒に行こうぜ”と再びストリングスチームと「新しい季節へキミと」。最後はデビュー曲である「ファイティングマン」を歌い上げて終了かと思いきや、アンコールに応えて3曲を熱唱する。さらに、宮本の弾き語りで「涙」という新春ならではの出血大サービスっぷり。その後のWアンコールにも応えて「待つ男」を演奏し、大歓声のうちに2015年の新春ライヴは幕を閉じた。


【2015年1月4日(日)@日本武道館 セットリスト】
〈第1部〉
01.夢のちまた
02.DEADORLIVE
03.ココロのままに
04.今はここが真ん中さ!
05.悲しみの果て
06.デーデ
07.おかみさん
08.風に吹かれて
09.精神暗黒街
10.ジョニーの彷徨
11.真冬のロマンチック
12.リッスントゥザミュージック
13.昔の侍
14.普通の日々
15.明日への記憶
16.あなたへ
17.赤い薔薇
18.今宵の月のように
19.Idon'tknowたゆまずに
20.赤き空よ!
21.ズレてる方がいい
22.俺たちの明日
〈第2部〉
23.大地のシンフォニー
24.Destiny
25.桜の花、舞い上がる道を
26.(仮)なからん(新曲)
27.(仮)雨の日も(新曲)
28.明日を行け
29.新しい季節へキミと
30.FLYER
31.ガストロンジャー
32.ファイティングマン
〈アンコール〉
33.平成理想主義
34.笑顔の未来へ
35.ハナウタ〜遠い昔からの物語〜
36.涙
〈Wアンコール〉
37.待つ男
OKMusic

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「エレファントカシマシ」「日本武道館」「エレカシ」「高潮」の関連トピックス

「エレファントカシマシ」をもっと詳しく

注目ニュース
TOKIOの2人、バク転成功 「40代で出来んのは素直に尊敬」 J-CASTニュース9月25日(月)19時44分
かつて「ジャニーズ」といえば、「バク転」のイメージが強くあった。少年隊や光GENJI、V6などメンバー全員ができるグループある一方、最近で…[ 記事全文 ]
小泉今日子の10月ドラマ予告動画が「あの爆死ドラマに激似」の不穏! アサ芸プラス9月25日(月)9時59分
10月17日スタートの新ドラマ「監獄のお姫さま」(TBS系)。主演は小泉今日子で脚本は宮藤官九郎。[ 記事全文 ]
香取慎吾、今後は「芸術活動」が主軸?高く評価される実力とは! アサ芸プラス9月25日(月)9時58分
晴れて、新たに所属事務所が決まった香取慎吾。SMAPのCDデビュー日(91年9月9日)の前日に、およそ30年も所属したジャニーズ事務所を退…[ 記事全文 ]
山下智久『コード・ブルー』映画化にジャニーズ事務所が簡単にOKを出さなかった理由 週刊女性PRIME9月26日(火)4時0分
「今作で3シリーズ目ですので、気心の知れた仲同士。山下さんや新垣さん、戸田さんは2次会のカラオケ店で朝の5時まで大盛り上がりでした」(会の…[ 記事全文 ]
でんぱ組卒業の最上もが、久々の姿にファン喜び 日刊スポーツ9月25日(月)17時6分
アイドルグループでんぱ組.incを卒業した最上もが(年齢非公表)が久しぶりにメディアに姿を現した。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア