亀梨和也、星野仙一さんを追悼「笑顔の印象的な方でした」

1月6日(土)16時45分 オリコン

星野仙一さん、70歳で死去 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 人気グループ・KAT-TUN亀梨和也が6日、都内で行われたカンテレ・フジテレビ系ドラマ『FINAL CUT』の制作発表会に出席。4日にすい臓がんのため70歳で亡くなった楽天球団副会長の星野仙一さんを追悼した。

 日本テレビ系『Going! Sports&News』などで星野さんと共演したことがあり、会見後に取材に応じると「僕も朝飛び込んできたニュースでびっくりしています。番組を通じて何度かお話をさせていただく機会もありましたし」と肩を落とした。

 印象に残っていることとして、東日本大震災後で被災した子どもたちと宮城県のスタジアムを訪問したことを振り返り、「星野監督が子どもたちに『きょうは(山崎)武司がホームラン打つ』と言って、本当に山崎選手が打ってくださった」と思い出を語った。

 「子ども時代は怖いイメージがあったけれど、直にお話をさせていただいて、本当に優しい方。勝負ごとの時のスイッチの切り替えがあり、すごく笑顔の印象的な方でした。本当に早いというか、まだまだいろんなご縁があればよかったです。本当に残念でならないです。ご冥福をお祈りいたします」と偲んだ。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

亀梨和也をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ