キャスター・東山紀之、海上自衛隊呉基地で潜水艦を緊急取材

1月6日(土)5時0分 オリコン

東山紀之が現場取材した潜水艦「けんりゅう」(海上自衛隊呉基地)(C)テレビ朝日

写真を拡大

 俳優の東山紀之がキャスターを務める、テレビ朝日・ABC・メ〜テレ系ニュース情報番組『サンデーLIVE!!』(毎週日曜 前5:50〜8:30※一部地域では前6:20〜)。新年最初の放送となる7日に、東山の現場取材第2弾が放送される。

 東山は、番組開始に向けて航空自衛隊千歳基地に配備されたPAC3の現地取材を敢行し、昨年10月1日の初回で放送。その時以来となる今回の取材先も緊迫の現場。昨年末に東山が向かったのは、海上自衛隊の西の要衝広島・呉基地。そこで、日本の海上防衛の一端を担う海上自衛隊の潜水艦、その内部を特別に取材した。

 現在、日本最大の潜水艦基地として19隻のうち、12隻が所属している。今回、取材が特別に許可されたのは、潜水艦「けんりゅう」。まずその大きさに圧倒される東山だったが、艦長はじめ隊員らに迎えられ、機密だらけの潜水艦の中へ。艦内を案内され、潜水艦の構造や性能を学んでいく東山。さらに、東山は海洋兵器の中で最強ともいわれる魚雷を目の当たりにした。実際の魚雷発射訓練を間近で見た東山が思ったこととは?

 常に危険と隣り合わせの潜水艦で隊員たちはどんな思いを抱き、任務を全うしているのか? 東山は名物の「海軍カレー」で隊員たちと食事をともにしながら、カレーにまつわる意外なルールや本音に迫っていく。

 東山は「潜水艦の取材では、世界における日本の緊迫した情勢をあらためて考えさせられました。内部は限りある空間が合理的に使われていて驚きの連続でした。我々にとっては潜水艦を使わない世の中が一番平和なのですが、その中にある隊員の皆さんの任務に対する覚悟を見ていただければと思います」とメッセージを送っている。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

自衛隊をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ