Fukaseは変な男? 益若つばさ、ゲッターズ飯田の弟子と密会! ギャル文化衰退で、セカオワファンからは「売名目的!」

1月6日(水)12時0分 おたぽる

「益若つばさ」インスタグラム(@tsubasamasuwaka1013)より。

写真を拡大

 先月29日、モデルの益若つばさが自身のインスタグラムに、タレントの磯山さやからとの忘年会の様子をアップしたのだが、その忘年会に、タレント兼占い師のゲッターズ飯田の一番弟子である、ぷりあでぃす玲奈が参加していたことから、ネット上では、「Fukaseとの恋を占ってもらってるのか?」「一度、結婚に失敗してるだけあって、慎重になるのかもな」などといった憶測が広まっている。

「以前からデートの目撃情報があり、恋仲をウワサされていた益若とロックバンド『SEKAI NO OWARI』のボーカル・Fukaseの2人ですが、先月、週刊誌『フライデー』(講談社)にスクープされ、直撃取材を受けたFukaseが交際を認める発言をし、2人の仲は公然のものとなりました。しかし、益若といえば、07年、当時『Men’s egg』(大洋図書)の読者モデルとして活躍していた梅田直樹と結婚したものの、13年に離婚。現在30歳ということもあり、将来を考えて、ぷりあでぃすにいろいろと恋愛占いをしてもらった可能性はありますね。インスタグラムには『全員が総ツッコミしてくる会』とコメントされていましたから、Fukaseとの仲を根掘り葉掘り聞かれたのではないでしょうか。ちなみにですが、去年1月に放送されたバラエティ番組『ロンドンハーツ 2時間スペシャル』(テレビ朝日系)で、益若はゲッターズ飯田に15年の運勢を見てもらった際、『変な男に引っ掛かって痛い目にあう』と鑑定されたことがあるため、ファンからは『占いが当たってなきゃいいけど、大丈夫?』と、Fukaseとの仲を心配する声が上がっているようです」(芸能関係者)

 一方で、Fukaseファンは「売名目的で言い寄ってきたのでは?」と、益若に対して疑惑の目を向けているようだ。

「『Popteen』(角川春樹事務所)のモデルとして活躍していた頃は、着用した服やアクセサリーが飛ぶように売れたことから、『100億円ギャル』と称され、500億円以上もの経済効果があるといわれるほどのカリスマ性を誇った益若ですが、最近では『egg』(大洋図書)や『BLENDA』(角川春樹事務所)といった、かつてはギャルにとってバイブル的存在だったギャル雑誌が休刊になるなど、ギャル文化そのものの衰退が進み、さらに益若自身も30歳を迎えたことで、『いつまで派手な格好してるんだ?』『お洒落じゃなくて、ただの若作りにしか見えない』などと指摘されることも多くなってきているようで、Fukaseファンからは『完全に売名目的でしょ?』『きゃりーちゃんの方が、お似合いなのに!』などといった批判の声が上がっているようです」(同)

 ゲッターズ飯田の占い通り、Fukaseは“変な男”なのか、あるいはFukaseファンの指摘通り、益若は売名目的なのか。Fukaseの元カノ・きゃりーぱみゅぱみゅの動向も含め、しばらくは目が離せなさそうだ。

おたぽる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

セカオワをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ