出川哲朗、妻からの手紙に赤面し感謝「ありがとう」

1月6日(土)9時48分 RBB TODAY

出川哲朗(撮影:編集部)

写真を拡大

5日に放送された『A-Studio』(TBS系)に出川哲朗が出演。元モデルでレースクイーンだった愛妻とのなれそめを語るとともに、サプライズで届いた手紙に赤面する場面があった。

 2004年に結婚し、今年で13年目を迎える出川。妻とのそもそもの出会いは、かつて『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)でオンエアされた、当時交際中だった彼女との破局のもようを偶然妻が見ていたのがきっかけ。その時の出川の姿に「やさしい人」と好印象を持ち、会いたいと思っていたところ、妻の友人と出川の後輩が知り合いだということが分かり、4人で食事。その後交際がスタートしたという。

 笑福亭鶴瓶から「綺麗な人やろ?」と聞かれ、「はい、良い子ですね」と答えた出川。だが、朝食に出されたオムライスの表面にケチャップで「KILL」と書かれていた時もあったという。それでも出川は「そういう茶目っ気も好き」とノロけていた。

 エンディングでは、そんな妻が答えた、夫・出川にまつわるアンケートが読み上げられた。それによれば、出川は普段も「テレビで見るそのままの人」だといい、彼の一番好きなところは「心の温かい、愛があふれてる、ハートフルなところ」と明かされた。そして、「恥ずかしくて13年間一度も言ったことはありませんが、たくさんの出会いの中、私を選んでくれてありがとう」と感謝の言葉が綴られていた。

 それを恥ずかしがりながら聞いていた出川は「嬉しいですね」と述べ、「普段そういうことを絶対言わない人なので…こっちこそありがとうと言いたいです。ありがとう」とカメラに向かって答えていた。

RBB TODAY

この記事が気に入ったらいいね!しよう

出川哲朗をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ