政治学者・中島岳志の政治の入門書『自分ごとの政治学』! 私たちと政治とのかかわり方!

1月6日(水)11時18分 Rooftop

sub1.jpg

NHK出版の「学びのきほん」シリーズの最新刊が年末に発売され、 話題となっている。政治学者の中島岳志さんが自身初の政治の入門書として出版したのが『自分ごとの政治学』。 本書は政治の歴史・概念・仕組みが2時間で理解でき、 それらのポイントをつかめば、 自分をとりまく世界のことが驚くほどクリアに見えるようになる。

本書のキーワードは 「自分ごと」 。 本の中で著者は次のように述べている。国際関係がどうだ、 政局がどうだと、 拳を振り上げることが「政治に関心を持つ」ことではない。 食べることだけではなく、 着ること、 移動すること、 買うこと……そんな日常の一つひとつに繊細になってみる。 普段意識していなかったところに意識を向けて辿っていけば、 必ずさまざまな政治問題に辿り着く。

「いわゆる政治」に関心を持つことだけが政治にかかわることではありません。 日常を丁寧に生きることからしか見えてこない、 私たちと政治とのかかわり方がある。 本書はそんな視点でまずは一歩を踏み出すことを提案。

さらに本書は、 私たちが置かれている現在地を理解するのにも役立つ。政治判断の脆弱さ、 民衆との乖離、 権力の乱用……。 なぜこういったことが起きていているのか。 それを理解するキーワードが「死者」と「立憲主義」だ。 死者とは何か。 立憲主義とは何か。 なぜ、 この2つがこれからの政治を考える上で大切なのか。 わずか100ページ程度の内容なのに、 そのポイントが明快に伝わってくる。

本書刊行を記念し、 この議論を深めるために対談イベント(参加費無料)を開催。 対談相手は思想家の内田樹氏。 本イベントは年末に定員150名で募集を開始し、 3時間で満員になった。 同日急きょ300人に増席したものの1日で定員に達したため、 この度さらに定員を500名まで最終増席することになった。

「学びのきほん」初のプレゼントキャンペーンも実施

sub2.jpg

さらに、 『自分ごとの政治学』の刊行を記念して、 プレゼントキャンペーンも実施。フォロー&リツイートで抽選で10名様に、 非売品の「学びのきほん」仕立てのエコバック、 しおり3枚をプレゼント。

●キャンペーン実施期間
2021年1月6日(水)10:00 〜 2021年1月17日(日)23:59
●応募方法
STEP1:Twitterで「学びのきほん」アカウントをフォロー
STEP2:対象のツイートをリツイート
●応募規約
https://nhktext.jp/mk_kiyaku
●当選発表
応募締め切り後、 厳正な抽選の上で当選者を決定し、 DMにてご連絡いたします。

Rooftop

「政治」をもっと詳しく

「政治」のニュース

「政治」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ