岡村隆史お見合い相手の元カレは「ソバすすり」の本田医師

1月6日(金)7時0分 NEWSポストセブン

 彼女いない歴20年を公言してきたあの男から思わぬ発言が飛び出した!!


「ええ人やで。好きやで。オレ、結婚したいもん。“つきあってる”っていっちゃっていいよ。普通に同棲してみたいな。いろんなとこを見ときたいから。子供も欲しいし」


 年末のラジオの生放送で、一般女性と結婚を前提とした真剣交際宣言をしたのは、ナインティナイン・岡村隆史(41)だ。そのお相手とは、バラエティー番組『ちょこっとイイコト〜岡村ほんこんしあわせプロジェクト』(テレビ東京系)の公募によるお見合い企画で出会ったエステ店経営の飯野千寿さん(32)。


 ふたりは9月のお見合い後、水族館での初デートを皮切りに、岡村が彼女の家を訪ね、たこ焼きを振る舞ったり、箱根へ日帰り旅行するなどのデートを番組内で重ねてきた。そして、お互いを“おかむー”“ずっちー”と呼び合うほどの関係に発展している。


「奥手な岡村さんが、テレビやラジオで、ここまで堂々と話しているんですから、それだけ本気で、結婚も強く意識しているんだと思いますよ」(芸人仲間)


そんな飯野さんだが、実は意外な過去があった。


「飯野さんの元カレは、福岡ソフトバンクホークス会長・王貞治さん(71)の長女・理恵さん(41)と婚約を発表しながらも土壇場で破局した医師の本田昌毅さん(41)なんです。1年くらい前までつきあっていたんですよ」(飯野さんの知人)


 2007年3月、本田氏は友人の郷ひろみ(56)らと食事に出かけた際に理恵さんと知り合い、交際に発展。同年12月には、翌2008年の元日に入籍すると発表し、婚前旅行として貞治氏も同行してハワイへと出かけた。しかし帰国後、突然、理恵さんが婚約・入籍の無期限延期を会見で発表し、破局に至った。破局の理由の中には「本田氏の“そばをすする音”を理恵さんイヤがった」というものも当時は活発に報じられた。ちなみに本田氏は、元横綱・朝青龍(31)の主治医としても知られている。


 本田氏に真相を直撃すると、


「えっ? なんで知ってるの? つきあってましたけど、もう別れていますよ」


——破局の理由は?


「実は、そのとき海外に病院を出したりと、仕事的に忙しかったんです。千寿ちゃんは、“結婚して、きちんと家庭を築きたい”という子だったから、自然と別れてしまったんです」


 いまだに“千寿ちゃん”と呼ぶあたり、ふたりがかつてかなり親密だったことがうかがえる。


※女性セブン2012年1月19・26日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

すりをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ