注目ワード斉藤由貴・不倫 僕たちがやりました・最終回 わいせつ・逮捕 暴力団・逮捕 スーパーマリオ オデッセイ・マリオの海パン 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

夭折した天才数学者 囲碁通じて「答えのない世界」を知った

NEWSポストセブン1月6日(月)16時0分
画像:囲碁の奥深さを伝えるインストラクターの押田華奈さん
写真を拡大
囲碁の奥深さを伝えるインストラクターの押田華奈さん
画像:「気持ちを落ち着かせて碁に没頭したい」と押田華奈さん
写真を拡大
「気持ちを落ち着かせて碁に没頭したい」と押田華奈さん

 ヨーロッパではコンピューター技師、建築士、画家、数学者などに「碁打ち」が多い。黒と白の碁石を打ち合い、最終的に陣地の大きさを競う囲碁は、“小宇宙”に例えられるほど広い視野を捉える目がものをいう。


「碁は試行錯誤と構想力のバランスが大切。頭を使う機会、きっかけとしてはとてもいいと思います」


 かつて囲碁専門紙にこう語っていたのは、日本の若き数学者、長尾健太郎さん。開成高校、東京大学、京都大学大学院、オックスフォード大学への留学と、絵に描いたようなエリート街道を歩み、将来を嘱望されていた長尾さん。6歳から始めた碁の腕前も、とっくに趣味の域を超えていた。


 昨年まで名古屋大学の助教として携わっていた研究分野は、「多元数理科学」。これも長尾さん自身の言葉を借りれば、「物理学の6次元を出発点に、新しい空間を調べていくと、はじめの幾何学からは想像もつかないような構造が見えてくる……」のだそうだ。


 一般人には到底理解できない数学者という職業。その驚くべき頭脳構造や碁との共通項に迫るべく長尾さんにインタビューしたかったが、彼はもういない——。昨年10月、「胞巣状軟部肉腫」と呼ばれる難病と16年にわたって闘った末、31歳の若さでこの世を去った。


 数学と囲碁。この先時間をかけて突き詰めたいことはいくらでもあったはず。だが、もっとも志半ばで無念だったのは、愛すべき家族との人生設計だったろう。妻の華奈さん(32)と息子の想太くん(3)との明るい未来が途絶えてしまったのだから。


 ダイヤモンド囲碁サロン(東京・千代田区)でインストラクターをする妻の押田(旧姓)華奈さん(32)はいう。


「彼はとにかく明るい人だったから大病をしていても暗い雰囲気はなかったし、結婚して彼の留学先であるイギリスに滞在していたときは、毎日デートしているような気分でした。子供ができてからも普通の家族以上にいろんな場所にも出掛けましたしね。短い人生だったけど、常に家族想いで楽しい思い出をたくさん残してくれたことに感謝しています」


 病気とは無縁でも数学者と聞けば、気難しい性格でひとり自宅にこもっていつも研究に没頭している姿を想像しがちだが、長尾さんの人物像は正反対だった。


 2人の共通の知人である囲碁ライターの内藤由起子さんが話す。


「東大出身ともなると、長尾さんに限らず正解のある受験戦争を勝ち抜いてきた人ばかり。でも、碁は他のゲームと違って相手を全滅しようとするとうまくいかないゲーム。陣地を欲張らずに相手にも満足してもらい、自分が少しだけ得するくらいがうまくいくようにできているので、平和なゲームともいえます。エリートのみなさんにはとくに負ける経験も必要ですしね。


 だから、碁は人生を歩んでいくうえでも大事なことを教えてくれるのです。囲碁には“敗着”はあっても“勝着”はめったにありません。負けてもらうゲームなのです。常に相手の立場で考えることで、相手の気持ちを労わる心も芽生える。長尾さん夫婦はお互いに碁を通じてそんな他人を思いやる優しさが染みついていたのだと思います」(内藤さん)



 現在、東大や早稲田、慶応、青山学院など15校以上の名門大学で、正式な単位が取得できる一般教養課程として囲碁が採用されている。現代の若者が答えのない社会で逡巡したとき、生きるヒントを得るために碁が有効だからだ。


 それは、碁の奥深さを伝える役目を担う押田さんも痛感している。いずれは息子の想太くんに碁を通じて人生を教え、将来は親子で「ペア囲碁選手権」に出場したいと話す。そして、最愛の夫を亡くしたいま、自分自身の決意も新たにする。


「たまには教えるばかりではなく、真剣に打ち込んでみようかと思っています。いつまでもクヨクヨせずに少しずつ前を向いて頑張るためには、気持ちを落ち着かせて碁に没頭することも大事なのかもしれませんね」


 囲碁で育んだ大切な絆を心にしまいつつ、新しい自分と向き合うためにさらに碁を深めたい。こんな健気な押田さんを、天国の長尾さんは優しい眼差しで見守っているに違いない。


■取材・文/田中宏季

■撮影/山崎力夫

NEWSポストセブン

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

NEWSポストセブン

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「数学」「囲碁」「天才」「ヨーロッパ」の関連トピックス

「数学」をもっと詳しく

注目ニュース
斉藤由貴が大河「西郷どん」辞退 不倫よりも「パンティー被り写真」が重大とのワケは... J-CASTニュース9月21日(木)18時24分
不倫騒動で揺れる斉藤由貴さん側が、次期NHK大河ドラマ「西郷どん」への出演を辞退する申し出を行った。NHKが2017年9月21日、発表した。[ 記事全文 ]
「僕たちがやりました」不道徳過ぎて視聴者あ然 まいじつ9月21日(木)17時30分
(C)Shutterstock窪田正孝や永野芽郁、新田真剣佑といった若手の人気キャストをそろえ、漫画作品をドラマ化した『僕たちがやりました…[ 記事全文 ]
マリオ新作、シリーズ初の「年齢指定」 理由は...「マリオの海パン」!?任天堂に聞く J-CASTニュース9月21日(木)7時0分
ニンテンドースイッチ用ゲーム「スーパーマリオオデッセイ」に、「CEROB」(12歳以上対象)指定がついた。[ 記事全文 ]
陣内智則「面白さのカケラもなくなってる」 ネットニュースが書けなかった本当の面白さとは... J-CASTニュース9月21日(木)20時5分
お笑い芸人の陣内智則さん(43)が、テレビ番組での発言をもとに書かれたインターネットニュースに対し、「微妙な書き間違えでニュアンスも変わり…[ 記事全文 ]
NEWS手越祐也によるイモトアヤコの“安室愛”への神反応が話題「ステージに立つ人だからこそわかること」 モデルプレス9月21日(木)15時2分
【手越祐也/モデルプレス=9月21日】歌手の安室奈美恵が20日、来年9月16日で引退することを発表。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 斉藤由貴が大河「西郷どん」辞退 不倫よりも「パンティー被り写真」が重大とのワケは...J-CASTニュース9月21日(木)18時24分
2 「僕たちがやりました」不道徳過ぎて視聴者あ然まいじつ9月21日(木)17時30分
3 マリオ新作、シリーズ初の「年齢指定」 理由は...「マリオの海パン」!?任天堂に聞くJ-CASTニュース9月21日(木)7時0分
4 陣内智則「面白さのカケラもなくなってる」 ネットニュースが書けなかった本当の面白さとは...J-CASTニュース9月21日(木)20時5分
5 NEWS手越祐也によるイモトアヤコの“安室愛”への神反応が話題「ステージに立つ人だからこそわかること」モデルプレス9月21日(木)15時2分
6 本田翼「演技力成長ゼロ」SPドラマで酷評まいじつ9月21日(木)10時35分
7 フジ「めちゃイケ」、超低迷でも局員が「打ち切りは絶対ない」と言い切る理由アサ芸プラス9月21日(木)5時59分
8 皆藤愛子に「なんで結婚しない?」 美人で未婚だと「性格が悪い」「変な人」扱いするのはおかしいmessy9月21日(木)1時0分
9 安室奈美恵引退の「経済効果」は兆単位!?まいじつ9月21日(木)17時31分
10 こんなに開いちゃう!?石田ゆり子の大開脚ショットに驚きと興奮の声アサ芸プラス9月18日(月)9時59分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア