最後の「いいとも忘年会」庄司智春がじゃんけんで10万円獲得

1月6日(月)16時0分 NEWSポストセブン

 今年3月に終了することが発表されている『笑っていいとも!』(フジテレビ系)。その最後の年末特番となる『笑っていいとも! ラストクリスマス特大号』が昨年12月25日に放送された。そして、レギュラー陣やスタッフたちは、生放送後、毎年恒例となった「いいとも大忘年会」に繰り出したのだ。


 深夜25時、会場となった都内有名ホテルの大宴会場には、出演者、スタッフ合わせて300人超が大集結。500超の缶ビールと、イタリアンや寿司などの料理が用意され、盛大な乾杯と共に宴が始まった。


 会場の中は、各曜日レギュラーごとにテーブルが分けられており、タモリは自ら、それぞれのテーブルを回って挨拶していたという。


「“今まで本当にありがとう”って、みんなに声をかけていました。去年はローラさん(23才)が泥酔して、暴れて大変だったので、“おまえ、今年は飲みすぎんなよ”と彼女に注意する一幕もありましたけどね(苦笑)」(出席したスタッフ)


 ちょっとしんみりムードも漂ったものの、その後のビンゴゲームで一同大いに盛り上がり、会場のボルテージが最高潮に達したのは、深夜4時も過ぎた頃。


「“現金争奪じゃんけん大会”をやることになったんです。レギュラー出演者全員から、半ば無理やり現金が集められていくんですが、千原ジュニアさん(39才)なんか、1人で20万円も出すハメになって…。会場からは、“ジュニア!”コールの嵐ですよ(笑い)」(前出・出席したスタッフ)


 そうして集まった金額は、計90万円。これを10万円ずつ分けて、計9回、全員参加のじゃんけん大会が始まるや、会場は大いに沸いた。


「タモリさんも大興奮で、“札束が乱れ飛んでおります! イェイ!”なんて絶叫してました。10万円を獲得したのはスタッフが多かったんですが、庄司智春さん(38才)は最後まで勝ち抜いて、見事10万円をゲットしたんです。“貧乏人、よかったな!”なんて、タモリさんが茶化してたけど(笑い)」(前出・出席したスタッフ)


※女性セブン2014年1月23日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

忘年会をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ