故・根津甚八さん うつ病を支えた妻とその親友・岡田美里

1月6日(金)16時0分 NEWSポストセブン

 昨年のNHK大河『真田丸』で注目された「真田十勇士」。その1人で、大坂夏の陣で真田幸村の影武者になり、壮絶な討ち死にをした忠臣の名を「根津甚八」という。その名をとって芸名にした俳優・根津甚八(本名・根津透)さんが2016年12月29日に亡くなった。69才だった。


「腎臓を悪くして数か月前に入院し、数日前からは肺炎が悪化していました」(一家の知人)


 大河ドラマ『黄金の日日』や黒澤映画『影武者』『乱』などでのキレのある演技、鋭い眼光が印象的な根津さんだったが、晩年は度重なる事故や病気と闘っていた。


 1995年に映画『三国志』のロケ中、頸椎を損傷し、椎間板症に。その後も2001年には右目の不調を発症。6度の手術を受けたが、そのせいで右目のまぶたが垂れ下がる「右目下直筋肥大」を患った。


「俳優業を続けることを不安がることから、うつ病を発症してしまった。しかもその治療半ばの2004年に人身事故を起こしてしまい、被害者が亡くなってしまう。2010年には“俳優引退”を発表し、人前に出る仕事はしなくなりました」(前出・知人)


 そうなったとき、根津家を支えたのは実業家に転身した15才年下の妻、仁香さんだった。ジュエリー・プロデューサーとしていくつものヒット商品を手がけるようになったのだ。その妻を支えていたのは岡田美里(55才)だ。


「岡田さんが堺正章さんと離婚したときにも仁香さんが相談にのっていたほどの親友。根津さんの病気が深刻なときには、岡田さんが親身になって相談にのっていました。岡田さんもビーズの輸入販売を行って成功を収めているし、同じ業界ということもあって、話が合うのでしょう」(前出・知人)


 長男の頑張りも、闘病中の根津さんの励みになった。


「2015年4月、有名私立大の医学部に入学しました。日本で最難関といわれる試験を突破し、見事に合格したんです」(前出・知人)


 息子が医学部に入学した時期は、根津さんにとって11年ぶりとなる映画への復帰作『GONIN サーガ』(2015年9月公開)に出演したときと重なる。


「『息子とおれの“春”が同時にやってきたよ』と嬉しそうに微笑んでいたのが、今でも忘れられません」(前出・知人)


 愛妻、そして愛息に看取られ、静かに旅立った。


※女性セブン2017年1月19日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

根津甚八をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ