宮崎謙介×金子恵美対談 食事担当は夫、子供送迎は行ける方

1月6日(土)16時0分 NEWSポストセブン

宮崎謙介氏の2018年の目標は…

写真を拡大

 夫は辞職、妻は落選──山あり谷ありの夫婦が今も二人三脚で歩いているのは“宝物”がいたからだ。2012年の衆院選で初当選するも、2016年2月に辞職した宮崎謙介氏(36才)と、2017年10月の衆院選で落選した金子恵美氏(39才)の夫婦が現在の生活について語った。


──昨年10月の総選挙から約2か月。どんな毎日ですか?


宮崎:息子(2016年2月誕生)が目を覚ますのが毎日だいたい6時くらい。同じ部屋ですが、息子はベビーベッドで寝ているので、息子をベッドから出して自分たちのベッドに入れて、それからまた30分〜1時間寝ます。


金子:私がまだ眠いから(笑い)。


宮崎:ぼくは二度寝するふたりより一足早く起きて朝食作り。


金子:うちは宮崎が食事担当なんです。


宮崎:食に対する関心が強いから。野菜やソーセージをのせてピザトーストにしたり、キウイやいちごを細かく切ってヨーグルトに混ぜたり。自分たちの食べるものと息子のはちょっと変えたりしてね。よく食べてくれるからうれしいですよ。


金子:もう完全にお任せなんです。私は息子に食べさせるだけ(笑い)。でも、私だってたまには作りますよ!


宮崎:パンを焼いただけのトーストとかね(笑い)。バターすら塗らないんですから。


金子:やればできるとは思ってるんだけど…。でもそういえばこの間、チキンのクリーム煮を作ったけど、ほんの少し食べてぱたっと手が止まっちゃったな。得意な人が負担のないように家事を分担できればいいかなと思ってます。私は洗濯担当なので。


宮崎:息子は今も議員会館内にある保育園に通っています。バスと電車を乗り継いで行きますが、混雑時に子供を連れていると迷惑になることもあるし、大きな声を出したりするとやっぱり気を使う。ぼくも妻も時間に自由がきく仕事なので、9時過ぎくらいに送り届けています。


金子:お迎えはだいたい17時半〜18時くらいです。送迎はどちらか行ける方が行きますし、一緒に行くこともあります。


宮崎:で、夕食もぼくが作ります。夜の予定があっても、夕食を作って食べさせてから合流したり、早めに切り上げて帰宅したり。周囲もぼくが子育てしていることをわかってくれているのでありがたいですね。



金子:私は議員でなくなって以来、夜の予定をほとんど入れていません。だから寝かしつけは私。とにかく泣いて寝つかない息子だったのですが、最近は、『おつきさまこんばんは』とか『じゃあじゃあびりびり』、あとはなぜか図鑑など“これを読んで”と息子が持ってくるお気に入りの絵本を4、5冊読んで、眠くなってきてるな、と思ったら電気を消します。その後は、“日記を語る”んです。「朝は○時に起きたね」「保育園では○○したね」とか。最初のうちは「うん」と返事をするんですけど、次第に寝入っているんです。もうこれが完璧なルーティン(笑い)。


宮崎:たしかに、昨日はあっという間だったね。


金子:だいたい21時くらいには寝るので、あとは本を読んだりしています。うち、テレビはほとんど見ないんですよ。


宮崎:だらだらと時間が過ぎるし、子供にもあまり見せたくない。テレビを介したコミュニケーションになってしまいますから。


金子:映像って何も考えずに見られてしまうし、中毒性が高いですよね。車の動画などたまに見せることもありますが、そうすると“ピーポーピーポー(救急車)見たいの”って言うようになっちゃって。危ないな、と。のメダルを期待されながらも思うような成績を残せなかった。


※女性セブン2018年1月18・25日号

NEWSポストセブン

「宮崎謙介」をもっと詳しく

「宮崎謙介」のニュース

BIGLOBE
トップへ