Lily of the valley:【ライブレポート】新年最初のイベント! NPP2020 Party Stage @ フジさんの横 『平成最後に結成された、令和の最強アイドルになり得るリリバリの2020年初ステージ! 可憐と力強さが共存した華麗なパフォーマンスで魅了!』

1月6日(月)20時0分 Second Innovation

2019年を最高の輝きとともに大躍進したアイドルたちが新年のお台場に大集結する、新年一発目のアイドルイベント、ニューイヤープレミアムパーティ(NPP)2020が今年も開催。記念すべき2020年をお祝いしようと、多くのアイドルグループが熱く、躍動的なステージを展開。新年から高い盛り上がりを見せた。このイベントから2020年のアイドル界が始動する。

Lily of the valleyは平成最後の夏に結成した、尾野寺みさ、宮丸くるみ、沢村りさ、夏目咲莉愛、西村津希乃の関西在住5人組アイドルグループ。
すずらんの花言葉「再び幸せが訪れる」をコンセプトに、平均年齢13.8歳(結成時)のキュートな5人が皆様に幸せを届けるように活動している。リリバリ (Lily of the valleyの略称)は初めてNPP2020に参加。衣装は巫女で、非常にキュートな姿を見せていた。一方でステージでは盛り上がりを高めるような活気のあるステージを展開。会場を大いに湧かせていた。今回はその様子をライブレポートにてお伝えする。

リリバリが快活なステージを魅せた。巫女さんのリリバリはParty Stageのスタートから登場。そして初のリリバリのステージの前には、その期待感からか高揚している観客が数多く見られた。

リリバリのステージを告げる、鐘の音が響く、綺麗でありながら期待を煽るようなどこかアドベンチュラスなサウンドのOvertureが流れ、リリバリの5人が一人一人登場。登場する度に大きな歓声が起こった。

Lily of the valleyの2020年初めて披露した楽曲は「シリウスなキミ」。イントロで夏目咲莉愛が「新年一発目! 盛り上がっていくぞ!」と煽ると、観客から掛け声のような大きな声が飛んだ。クールなサウンドに合わせて大きくステップを刻みながら手を存分に振ってパワフルなダンスを魅せていく。フォーメーションを変更しながら手をクロスさせたり、回したりと躍動的にダンス。尚且つリズムに合わせて丁寧に歌っていく。一気に勢いが付くサビのメロディーに合わせて手を前に翳し、ステップしながら手を大きく横へと振っていった。その手は人差し指と小指を立てながら。激しいダンスで観客を魅了し出す。列を作るなど、フォーメーション形成も見事で、全員が連動しながらシンクロ率の高いダンスを魅せた。キレがありながら、美しいパフォーマンスを展開。観客から大きなコールが入るなど、盛り上がりは1曲目から高くなっていった。間奏では5人がそれぞれ思うままにアクティブなキレのあるダンスを魅せる。そして勢いよくターン。気持ちの篭った歌唱も聴いていて非常に気持ちが良い。終始、合いの手が入るなど、観客とのコンタクトもバッチリ。ラスサビでも大きな盛り上がりを魅せて、リリバリの2020年は非常に良いスタートを切った。

2曲目は「鈴の音」をセレクト。エンジンがかかるようにどんどん強くなる、心躍るサウンドからスタート。オーディエンスからは気持ちが入った熱いコールが送られた。5人は後ろ向きの状態で手を挙げ、振り返って快活にパフォーマンス。弓矢を打つような振りから手を前へ前へと振っていく。サビ前では5人が肩を組み、チームワークの良さもしっかりと見られた。サビではステージの最前に立ち、拳を投げ出し、観客を更に高めていった。何よりこの5人の楽しそうな表情が非常に微笑ましい。ハキハキと歌いながら力強いステップを魅せるのもまた特徴的で、リリバリらしい元気の良いアクトを魅せていく。拳を上げて、どんどん観客に盛り上がりを要求していく。それにしっかりと答えるようにコール、クラップが更に大きくなっていく。間奏では全員が体を揺らし、シンクロ率の高いダンスを披露。間奏後は、丁寧に歌い、綺麗な歌声のハーモニーを奏でる。”夢”をテーマにしたこのナンバーを、その思いを募らせながら、華麗に歌い上げていった。最後まで美麗に歌い、踊って、リリバリらしさ全開のアクトを魅せてくれた。最後にステージ中央で5人が拳を合わせ、カッコ良いポーズを決め、「鈴の音」は終了した。

3曲目はガールズっぽさ全開のキュートな楽曲「ガールズトーク」を投下。ピンクの照明が当たり、リリバリの可愛さがより際立っていた。ガーリーさがあるミュージックに合わせてキュートな表情を浮かべながら華麗にダンス。セリフのような歌唱も魅力的。サビでは凛とした様子を見せながら、両手を振って、片足でステップを刻んでいく。時にキュートなポーズをし、その可愛さで見惚れてしまった。5人が横に列を作り、上下左右に手を振って、元気に、そして少女の気持ちを代弁するようにアクトしていった。観客からは熱いクラップが送られ、リリバリのパフォーマンスを存分にアシストしていった。西村津希乃が可愛く関西弁で「まだいけるん〜?」と観客に聞くと、大きく同意するように歓声が上がった。最後まで元気にパフォーマンスを魅せて、少女の可憐さを存分に見せたパフォーマンスをしていた。最後はステージ中央に5人が集まり、くっついて終了した。

そしてリリバリ新年最初のステージはラスト1曲となった。最後は「夜空に咲いた花」を選んだ。ドラム音が強く、期待を増幅するよなエレクトロなサウンドで勢いが高まっていく。手を顔付近でくるっと回しながら<ラララ ラララ ラララ>と歌っていく。メンバーに合わせて観客も高まるように一緒に歌い、踊っている姿が見られた。尾野寺みさがイントロで大きくジャンプ。活力のあるリリバリのパフォーマンスが存分に見られた。そしてメンバーはAメロ、Bメロを楽曲に合わせ、凛とした表情で歌い上げていった。その間でパントマイムのような特徴的な振りも見られ、美しくアクトを展開。それを見て、観客から熱いコールが送られ、リリバリの5人のステージをアシストしていた。
Aメロでは少ししっとりなトーンで歌い、Bメロでは勢いが強くなり、そしてサビに向かうに連れてどんどん強くなっていく。
サビではエンジンMAXのようにサウンドもダンスも力強くなり、観客を熱狂させていった。ダンスでは手を上から斜め下に下げ、再度上にあげるダンスを魅せていく。時にぴょんぴょん跳ねるようにジャンプ。そしてクールにキックをしたりと、可愛さとクールさが共存されたようなアクトをどんどん魅せた。それを見て観客はますます虜に。体を揺らして、声援を送り、一緒に踊ることで気持ちをどんどん高めていった。その後も激しいダンスと力強いながら情緒を入れ込んだような歌唱を魅せていく。更に熱くなっていく会場。リリバリのステージに引き込まれていく。終盤では尾野寺みさが大きくエビ反りジャンプを披露。観客から大きな歓声が上がった。ラスサビに向けて更に力を溜め、ラスサビで爆発。会場全員が熱狂していった。全員がリリバリの音楽、パフォーマンスを愉しみ、どんどん気持ちがハイになっていた。この「夜空に咲いた花」は”花火” “お祭り“をイメージしたような楽曲であるが、それをリリバリはパフォーマンスを通して見事に表現。最後までリリバリ は活発でパワフルなステージを展開してくれた。こうして熱量をずっと保ちながら、Lily of the valleyの新年最初のライブは終了した。

その後、MCにて新年の挨拶と自己紹介を行うと大きな歓声が。そしてメンバーからはこのイベント中に重大発表があると告げられた。メンバーはステージを去る際、メンバーが関西出身ということから「せーの、なんでやね〜ん」と掛け声をしてステージを後にした。

そして気になる重大発表は、このイベントのトークコーナーの際に発表された。

@ JAM×タワーレコードによるレーベル『MUSIC@NOTE』にLily of the valley加入!!

今後、MUSIC@NOTEでリリースも展開される。今勢いのあるLily of the valleyには注目だ。

最高の新年の幕開けだったーー。Lily of the valleyのキュートでありながら活発なパフォーマンスは見る者を魅了する。楽曲もパフォーマンスも盛り上がりも高水準のグループだ。それくらい彼女たちはポテンシャルが高い。きっと令和のアイドルシーンに大きな印象を残してくれるはずだ。そんな彼女たち、Lily of the valleyには大注目だ。ぜひ今からライブに足を運んでいただき、その良さを実感していただきたい。きっと2020年のLily of the valleyは更に躍進が期待できるだろう。

TEXT:石山喜将
PHOTO:NEW163

【セットリスト】

1.シリウスなキミ
2.鈴の音
3.ガールズトーク
4.夜空に咲いた花
MC(自己紹介)

<Lily of the valley 屋台エリアでの様子>

Lily of the valleyが屋台エリアにてファンとの交流を図っていた。屋台エリアでは巨大ダルマ落としが用意され、ファンと存分に楽しんでいた。時にはメンバーがダルマ落としをやる場面も(笑)。メンバーもファンも終始はしゃぐように楽しそうな様子だった。

以下はその時の様子なので、ぜひご覧いただきたい。

【Lily of the valley Info】

Lily of the valley 4thワンマンライブ
◆日程:2020年5月2日(土)
◆時間:OPEN 15:30 / START 16:00
◆会場:神田明神ホール
https://t.livepocket.jp/e/lilyofthevalley-0502

◆料金
・プレミアチケット ¥10,000
特典:優先入場、リハーサル観覧、リハーサル後開場前挨拶
・一般チケット:¥1,000
・手売りチケット:¥1,000
・当日券:¥1,500

◆Lily of the valley リリバリ オフィシャルサイト

https://lilyofthevalley.amebaownd.com/

◆Lily of the valley 公式Twitter

@Lily20180801

Second  Innovation

「アイドル」をもっと詳しく

「アイドル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ