藤井四段もう負けていた…姉弟子・室田女流二段に18年初黒星

1月6日(土)7時38分 スポーツニッポン

関西将棋会館で行われた指し初め式に参加した室田伊緒女流二段(左)

写真を拡大

 昨年、歴代最多の29連勝を記録した藤井聡太四段(15)の師匠、杉本昌隆七段(49)が5日、大阪・関西将棋会館での指し初め式に参加し、藤井が今年すでに“初黒星”を喫したと明かした。

 3日に名古屋市内で行われた一門の集いで姉弟子の室田伊緒女流二段(28)に負けたという。同式に姿を見せた室田は「内緒にしておこうかなって思っていたんですけど…」と笑いながら、対局は1手10秒以内の10秒将棋だったと説明。非公式戦で内輪の場だったこともあり、「向こうは本気じゃなかった?そうかもしれませんね。でも、うれしかった」と話した。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

将棋をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ