堂本兄弟SPでの“Everyday、カチューシャ”コラボ。たかみなセンターが圧倒的存在感。

1月6日(火)21時25分 Techinsight

センターで存在の大きさを感じさせた高橋みなみ

写真を拡大


正月番組『堂本兄弟2015新春かえってきましたSP』で実現したKinKi Kids・堂本光一、DAIGOとAKB48による『Everyday、カチューシャ』のコラボが話題となっている。堂本光一のジャニーズならではのキレキレなダンスに注目が集まったが、センターに立つ高橋みなみの存在感を改めて再確認する企画でもあった。

フジテレビの音楽バラエティ『新堂本兄弟』が昨年の9月28日に最終回を迎えてから3か月、2015年1月4日に『堂本兄弟2015新春かえってきましたSP』として復活した。『新堂本兄弟』で2012年12月に生田斗真がゲスト出演した時に、堂本光一とDAIGOが高橋みなみと一緒にAKB48の『Everyday、カチューシャ』を1フレーズだけ踊る場面があった。その時にたかみなから振り付けのVTRを渡されて、DAIGOは「光一さんの家で合宿しましょう」と意気込んでいた。しかし、進展しないまま番組は最終回となった。

それから2年を経て、今回の特番で光一とDAIGOが『Everyday、カチューシャ』に再び挑戦。たかみなと柏木由紀から徹底的に振り付けを教わり、中でも光一の頑張りはリハーサル風景を見た堂本剛が「KinKi Kidsの振り付けもこれくらい真剣にやって!」と訴えたほどだ。

本番は堂本光一が2012年にソロコンサートで着用した胸元をはだけた派手な衣装、DAIGOもきらびやかなロックスターらしい衣装で臨んだ。AKB48は高橋みなみ、小嶋陽菜、柏木由紀、横山由依、北原里英、中西智代梨、阿部マリア、小嶋真子、岡田奈々、小嶋菜月、木崎ゆりあ、西野未姫、川本紗矢、大和田南那の14人が選抜メンバーとして出演した。

堂本光一のキレキレな動きや、“3つ自由なポーズをとる”時に光一とDAIGOがカッコよくキメるシーンなど、2人も見どころを作ったが、その2人を両サイドに従えてセンターに立つ高橋みなみのパフォーマンスも光った。ツイッターでも「たかみなセンター見れてよかった!」、「たかみなセンターで両脇を光ちゃんとDAIGOくんが固め、生演奏なのがすごすぎる」と感激がつぶやかれている。

この日、出演した横山由依が、AKB48次期総監督に指名されたことから、西川貴教が「真面目だから自己主張がね…」と心配すると、高見沢俊彦が「でも、地位が人をつくるって言う」と期待した。横山も「1年間、何ができるのか探したい」と答えており、彼女なりに次期総監督として成長してくれるだろう。

しかし、渡辺麻友や指原莉乃でさえ、自分のセンター曲ならばともかく『Everyday、カチューシャ』などの楽曲で、今回のたかみなほどのパフォーマンスはできないのではないか。高橋みなみが卒業した後にあれほどの存在感を出せるメンバーが育つかが、AKB48の大きな課題のように思える。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

コラボをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ