ノンスタ石田 松井玲奈が持つ“井上”カレンダーに「なんか気持ち悪い…」

1月6日(金)12時10分 Techinsight

松井玲奈とノンスタ石田(出典:http://blogs.yahoo.co.jp/nonstyleshiro_blog)

写真を拡大

新年1月3日と4日に豊橋で再演された舞台『新・幕末純情伝』を終えて、坂本龍馬役の石田明(NON STYLE)が主人公・沖田総司を演じた松井玲奈とのツーショットをブログで公開した。また、観劇した石田の家族もキャストたちと並んで記念写真に納まり賑やかな舞台裏の雰囲気が伝わってくる。

昨年、つかこうへい七回忌特別公演として上演された『新・幕末純情伝』で「新撰組の沖田総司が実は女だった」という設定の主人公役を務めた松井玲奈が、8月には豊橋ふるさと大使に就任した。それを記念して同舞台が「豊橋市制施行110周年記念 豊橋ふるさと大使凱旋公演」として再演されたものだ。

ノンスタ石田が1月4日の夜、『いしだあきらのオカヤドカリなブログ』にて「新・幕末純情伝の豊橋公演終わりやした」と松井玲奈とピースサインする姿を投稿、「いろいろとトラブルもありました。が! みんなで乗り越えました!」と伝え来場者へ礼を述べた。さらに「うちの家族も来とりました」という石田の両親など5人とキャストによる1枚も公開している。

彼はその集合写真について「玲奈ちゃんがなんか気持ち悪いもん持つてますが…」(原文ママ)と触れており、よく見れば彼女が手にしているのはノンスタ井上が出した『日めくりカレンダー「まいにち、ポジティヴ!」』ではないか。

井上裕介は昨年12月11日に起こしたタクシーへの接触事故に絡む不祥事から活動を自粛しており、石田は相方の件に言及し難い状況だ。松井玲奈はそんな彼に代わってノンスタ井上のカレンダーで励ましたのではないだろうか。

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/nonstyleshiro_blog
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

松井玲奈をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ