【映画コラム】英米のカルチャーギャップが面白い『キングスマン:ゴールデン・サークル』

1月6日(土)15時30分 エンタメOVO

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

写真を拡大


 表の顔はロンドンの高級テーラー、裏の顔は世界最強のスパイ機関キングスマンのエージェントが活躍するスパイアクションの第2弾『キングスマン:ゴールデン・サークル』が公開された。

 前作に続いてマシュー・ヴォーンが監督。サイバーコミックと往年のスパイ劇を合体させた荒唐無稽なストーリーの面白さと、切れ味鋭いアクションは健在だ。

 今回は、謎の敵ゴールデン・サークルの攻撃によってキングスマンが壊滅。生き残ったエグジー(タロン・エガートン)とマーリン(マーク・ストロング)が、アメリカの同盟機関ステイツマンと合流して、ゴールデン・サークルと対決する様子が描かれる。

 前作のサミュエル・L・ジャクソンに続いて、ジュリアン・ムーアが楽しそうにゴールデン・サークルの親玉=悪役を演じている。大スターが意外な役で登場するのも、この手の映画の楽しみの一つだ。

 そんな本作の一番の見どころは、エグジーたち英国紳士と、アメリカの田舎者であるステイツマンのメンバー(チャニング・テイタム、ハル・ベリー、ジェフ・ブリッジス、ペドロ・パスカル)が生み出す、カルチャーギャップ(信条、言葉遣い、服装、酒…)の面白さだろう。

 加えて、オープニングでジョン・デンバー(米)の「カントリー・ロード」をバグパイプで奏で、劇中にはエルトン・ジョン(英)が本人役で登場するなど、音楽面での遊び心が感じられるのも楽しい。

 そして、もう一つの見どころは、エグジーとマーリン、そして前作で死んだと思われていたハリー(コリン・ファース)との擬似親子のような関係だ。まさか、彼らの姿を見ながらホロリとさせられるとは思ってもみなかった。

 このように本作は、前作よりもグロテスクな描写を抑えてコミカルな要素を増やし、キャラクターを重視させた姿勢が目立つ。これらはさらなるシリーズ化への布石なのだろうか。(田中雄二)

エンタメOVO

この記事が気に入ったらいいね!しよう

スパイをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ