「好きな子とは付き合えない」指原莉乃、ホストの恋愛観にショック

1月7日(火)22時20分 AbemaTIMES

 指原莉乃とお笑いコンビ・ブラックマヨネーズの小杉竜一吉田敬がMCを務める『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』#129(毎週火曜21時〜)が7日、AbemaTVにて放送。あるホストが「好きな子とは付き合えない」と明かし、その理由を聞いた指原が「おかしいよ」とぶったぎった。

 「スタイリッシュな恋愛話」をトークする中で、歌舞伎町に店をオープンさせたばかりのホスト・ヤスは「再会」とフリップボードに記入。ヤスが休みの日にSNSを見ていたところ、地元でモテまくっていた女の子のアカウントを発見。大人になってキレイさを増した彼女にDMを送ると、「次の日、店行くよ」と快諾され、数年ぶりに再会を果たしたと語った。

 実物の彼女は当時よりさらに可愛くなっており、ヤスは一緒に飲んでいてすっかり楽しくなったそう。彼女から「家近いから遊びに来なよ」と誘われ、そこで体の関係も。数日間そんなことが続き、ヤスは「僕も好きになりかけてた」と振り返った。

 彼女からも「好きになったから付き合って欲しい」と言われ、2人はすっかり相思相愛ムード。しかしヤスは「僕、さんざんいろんなことやってきて“サイテー”だから、この娘だけは傷つけたくないと思って」「珍しくスタイリッシュにフッた」と告白。指原は「え〜!?」と目を丸くした。

 ヤスは彼女に「付き合ったら、多分お前の仕事も変える」と、店でお金を遣わせることになると説明。指原が「彼女にする時、エース(自分に最もお金を遣ってくれる客)にしなくちゃならないんですか?」と唖然とすると、ヤスは「ホストの時だと、切り替わっちゃう。趣味から仕事になっちゃうと」と言い、指原は「おかしいよ」とホストの感覚に付いていけない様子を見せた。

 吉田が「『ナンバーワンになるために、家に帰った時にオレを癒やしてくれ』じゃだめなの?」と聞くと、ヤスは「足りないっすね」「上に行けば行くほど、もっともっと……ってなる」「『オレの彼女だったらお前が1位じゃなきゃダメ』っていう思考のホストが多い」と熱弁した。

 吉田が「ちょっと前のさっしーの彼氏になりたかったら、山ほどCD買わなくちゃダメってこと」と例に出すと、指原は「確かに」と納得し、「トシオっていうおじいちゃんがファンだったんですけど、その人と付き合ったほうが良かったのかな」と申し訳なそうにポロリ。小杉は「ここで『トシオ』って名前が出た時点で、頑張って良かったと思ってるはず」とフォローしていた。
 

 

▶︎動画:『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』#129

AbemaTIMES

「指原莉乃」をもっと詳しく

「指原莉乃」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ