冬アニメ何観る? 迷ってる人に教えたいTVアニメ『ハンドシェイカー』の魅力となる4つのポイント

1月7日(土)12時15分 アニメイトタイムズ

 2017年1月10日より、GoHands×Frontier Works×KADOKAWAによるオリジナルアニメーションプロジェクト『ハンドシェイカー』が放送開始となります。

 「己が<願い>を叶えるため、“神”にまみえ、“神”を打ち破らんと数多のハンドシェイカー達がその頂点を目指し、競い争う」という壮大なストーリー。PVが公開されると映像の美しさに多くの期待の声があがりました。

 そこで本稿では、『ハンドシェイカー』の4つの魅力ポイントをお届けしたいと思います! 
Point1:ワクワク設定の数々!
原作がない先の読めない展開がオリジナルアニメの醍醐味! 壮大なストーリーがどのように動き出すのか、考察しながら観る楽しみがあります。しかも、同作は平行世界や深層心理から生まれる武器など、考察がはかどりそうなワクワク設定が盛りだくさん! 私としては、ヒロイン・コヨリ(CV:諸星すみれ)の存在がとっても気になるところ。特殊な事情により主人公・タヅナ(CV:斉藤壮馬)と手を繋いでいないといけないというところがストーリーの大きなカギになりそうです。お風呂も一緒に入っちゃうというドキドキなシーンも……♪ 
Point2:繊細なキャラデザと美しすぎる背景!
細かく描写された美しい背景にぜひ注目していただきたい! 実写のような背景美術に、10代の幼さが残る可愛らしく繊細なタッチのキャラクターデザインが絶妙にマッチします。 「神の啓示を受けた二人が手を握り合い、自分とパートナーの深層心理から生まれたものを武器として戦う者たちのこと」を「ハンドシェイカー」と呼ぶため、キャラクターが2人1組で登場するのもポイント。筆者的にはコダマ(CV:小松未可子)&ヒビキ(CV:杉田智和)のアイドル&マネージャーペアがお気に入りです。

 
Point3:迫力の戦闘シーン
 Point2で紹介した繊細さからは想像もできないような迫力でキャラクターが立ち回ります! タヅナはもちろん、アイドルであるコダマも大立ち回り! 深層心理から生まれる武器「ニムロデ」のビジュアルも超絶カッコイイので、戦闘シーンで興奮してしまうこと間違いなしです。 また、真面目な社会人ペア・チヅル(CV:上坂すみれ)&ハヤテ(CV:石川界人)が大きな武器を振り回す姿を観ていると、同じ社会人としてなんだかワクワクしてしまいます。 
Point4:“納得クオリティ”の裏側
 前述した“納得クオリティ”の裏側にはこれまた納得の制作スタッフが存在しました。『K』シリーズや『生徒会役員共』などを手がけたGoHandsは、迫力のある演出技法に定評のあるアニメーションプロダクション。さらにFrontier WorksとKADOKAWAが入り、三社共同で作られているというのだから期待しないわけにはいきません。 また、オープニング曲にはアニメ『ダイヤのA』、『オーバーロード』などのオープニング曲を担当したOxT(オクト)を、エンディング曲には多数のアニメーションタイアップ曲やCM楽曲を手掛けた新居昭乃さん(FlyingDog)の起用が決定しているというから、作品の頭からつま先まで楽しめそうです!※上記画像はイメージです。

 以上、4つのポイントにてご紹介いたしました。こうして文章にするだけでもワクワクが止まりません。冬にどのアニメを観るか迷っている人は、ぜひ『ハンドシェイカー』をアニメチェックリストに入れてみてください。

[文/つかさ]


>>http://www.project-hs.net/ (TVアニメ『ハンドシェイカー』アニメ公式サイト)
>>https://twitter.com/hs_p_info (『ハンドシェイカー』アニメ公式Twitter(@hs_p_info))
ハッシュタグ:#ハンドシェイカー

アニメイトタイムズ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アニメをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ