この作品を完結に導くことが目標だった。——傷の物語の完結編、映画『傷物語〈III冷血篇〉』神谷浩史さん、坂本真綾さんら声優陣が想うコト

1月7日(土)9時0分 アニメイトタイムズ

 昨年冬から3部作として展開してきた劇場アニメ『傷物語』の最終章〈III冷血篇〉が、いよいよ2017年1月6日(金)より全国の映画館で公開となりました。本稿では、その舞台挨拶が新宿バルト9で行われたので、その模様をお届けします。

 ついに最終章を迎えた今回は、主人公・阿良々木暦役の神谷浩史さん、キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード役の坂本真綾さんに加え、忍野メメ役の櫻井孝宏さんと羽川翼役の堀江由衣さんも登壇。それぞれに完結を迎える本作への想いを語ってくれました。 
長かった2012年が遂に終わる!!
 イベント開始の時間となると、神谷さんほかキャスト4名が舞台上に。ひと言あいさつを経て完結を迎えた今の心境を尋ねられた神谷さんは、当初『傷物語』の公開が予定されていた2012年になぞらえ、「ようやく僕らの、そしてみなさんの2012年が終わり、めでたく新年を迎えられたな」とコメント。会場の笑いを誘っていました。

 坂本さんは、三部作のIとIIを見たときはアフレコ時に想像していたものよりも何倍も素晴らしいものになっていた語りました。今回も監督の尾石達也氏が命を削って作り上げているそうで、そのおかげでこうして大円団を迎えられたとも。


神谷さんが、肺が破れることを覚悟したシーンとは!?
 司会からあえてひとつ印象的なシーンを挙げるならと問われると、神谷さんは最後にどうしようもなくなって忍野に助けを呼ぶ場面を挙げました。なんと原作でのこの場面には、“吸血鬼の肺活量で”という記述があり、それを再現するためならば肺が破れてもいいというほどの覚悟で演じたのだとか。

 坂本さんも暦が忍野に助けを呼ぶシーンを挙げると、神谷さんの演技は尋常じゃない気迫だったと話してくれました。また、司会がパンフレットでのインタビューでこれが最後でもいいと話していたことに触れると、坂本さんはひとりひとりに課せられているものが非常に大きかったと述べました。渾身のシーンの連続だったそうで、一度しかできないものをここでやり切らなくてはという思いだったそうです。

 なんと堀江さんも暦が忍野に助けを求めるシーンを選択!! 加えて2番めに印象に残ったのは、体育倉庫で暦が羽川の肩を揉み終わった後の「以上です!」とのこと。櫻井さんはキスショットの年齢がグラデーションしていく場面だそうで、このことについて楽屋で神谷さんと話していたんだとか。 最後の挨拶で神谷さんは、今日この日のために声優をやっていたんじゃないかと思えると話すと、「この作品を完結に導くことが目標だった」ことを明かしました。しかし、この先も『〈物語〉シリーズ』は続いて行く雰囲気があるそうで、アニメが終わるのが先か、原作が終わるのが先かのチキンレース状態なんだとか。ぜひこの先も『〈物語〉シリーズ』が見られることを祈りつつ、まずは『傷物語〈III冷血篇〉』を見に劇場へ足を運んでください!

[取材・文・写真/胃の上心臓]

アニメイトタイムズ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

声優をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ