「卑劣すぎる!」モー娘。鈴木香音、同期メンバーへの嫉妬行動に批判殺到

1月7日(木)9時58分 アサ芸プラス

 グループ一番のぽっちゃり系メンバーとしても有名なモーニング娘。’16の鈴木香音が、かつてメンバーにやってしまった嫌がらせを自白した。

 鈴木は年末に放送されたハロー!プロジェクト所属アイドルグループが出演する音楽番組「The Girls Live」(テレビ東京系)で、同じ9期生メンバーである生田衣梨奈、譜久村聖、年内での卒業が決まっていた元メンバーの鞘師里保と女子会を開催。鞘師の卒業について、メンバーそれぞれが率直にどう感じたかなど、赤裸々トークを繰り広げたわけだが、鈴木はそれまで言えずにいたという、とっておきのネタを懺悔した。

 話によれば、今から5年前の12歳の頃、自身が大好きだった当時の先輩メンバー・高橋愛や新垣里沙の名前を生田がブログにたくさん書いていたため、それにジェラシーを感じたという鈴木。そんな中、生田がブログを作成中に携帯を置きっぱなしにしていなくなった時があったようで、その際に生田の携帯を勝手にいじり、“高橋さん”や“新垣さん”と表記していたものから“さん”を全て削除し、「高橋がこうしてくれました」など呼び捨てになるようにしたと説明。鈴木は大爆笑しながらも「本当にごめんなさい」と謝罪していた。

「小中学生のいざこざでよくあるような話ですが、子供心に色々うらやましかったとはいえ、改めて女の怖さを感じました。しかも同期といえど、生田は鈴木より1つ年上。当時の生田は引っ込み思案な性格でしたから、バレても平気と思っていたのかもしれませんが‥‥」(アイドル誌ライター)

 今回のビミョーな懺悔に対して、やはりモー娘。ファンたちはドン引きしたようで、ネット上には「謝るならちゃんと謝れ!」「生田は笑っていたが、やることが卑劣すぎないか?」などと批判コメントで埋め尽くされた。

 嫉妬深く意地悪な性格まで露呈しまった鈴木。この話はしないほうがよかったようだ。

(佐伯シンジ)

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

モーニング娘。をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ