千葉雄大、竜星涼と兄弟役も身長差に「お父さんが違うんじゃ…(苦笑)?」

1月7日(土)17時0分 シネマカフェ

『Bros.マックスマン』初日舞台挨拶

写真を拡大

竜星涼、内田理央、千葉雄大ら戦隊ヒーロー作品出身の俳優陣となだぎ武、ケンドーコバヤシらお笑い芸人が出演する異色のヒーロー映画第2弾『Bros.マックスマン』が1月7日(土)に公開を迎え、都内劇場で舞台挨拶が行われた。

前作の主人公・Mr.マックスマンこと谷口正義(千葉さん)の弟・英雄(竜星さん)を主人公にした続編で、兄弟そろってのW変身シーンも!

この日は、竜星さん、内田さん、千葉さん、なだぎさん、ケンコバさんに加え、、久保田悠来、青木玄徳、丸山敦史、松島庄汰、プロレスラーの高橋裕二郎も登壇した。

竜星さんは、公開を迎え「素直に嬉しいです! 2017年の初仕事がこれでありがたい」と満面の笑み。「日本のヒーローもののタブーに挑戦しています!」と自信をのぞかせる。

千葉さんは、ケンコバさんから会場のあちこちに「千葉くん!」と書かれたお手製のボードを掲げた女性ファンがいることについて「ロッテマリーンズの応援ですか(笑)?」とネタにされ、さらにケンコバさんと千葉さんの間で「温泉に行く」という約束をしていることが明かされ、会場をわかせていた。映画については「竜星くん主演で、またご一緒できて嬉しかったです」と微笑む。

内田さんが「こんなに特撮出身の俳優が集まるのも新鮮!」と語るように、この日の舞台挨拶にも特撮ヒーロー作品への出演経験のある俳優陣がずらり! 中でも、内田さんと「仮面ライダードライブ」で共演している松島さんは「当時は敵役で子どもに嫌われたんですが、今回、やっと子どもに好かれるかと思ったら、(アナウンサー役で)爆破予告であっさり逃げるという…いつになったら子どもに好かれるのか(苦笑)」と渋い顔で笑いを誘っていた。

ケンコバさんは、増田哲英監督から“問題児”呼ばわりされていたが、その理由は「前作は出演するはずが、クランクインの日に人生初のインフルエンザにかかり、今回、無菌室のような暮らしで準備していたら、耐性がなくなったのか人生初の食中毒になりました…」と告白し、会場は笑いに包まれた。

もしも、マックスマンのような特殊な能力を手に入れられるならどんな能力がほしいか? という問いに、千葉さんは「身長がほしい…。今日も大きい人が多くて(苦笑)」と語り、兄弟を演じた竜星さんを見やり「パリコレモデルみたいな人と兄弟って、お父さんが違うんじゃ…?」とぼやき気味に語っていた。

『Bros.マックスマン』は全国にて公開中。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

千葉雄大をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ