堀ちえみ、6割の舌を切除する手術後初のテレビ出演 肉声に黒柳徹子が…

1月7日(火)17時49分 grape

2019年2月22日に口腔(こうくう)がんの手術を受けた、タレントの堀ちえみさん。

2020年1月7日放送のトーク番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演し、復帰を果たしました。

黒柳徹子「話し方は堀さんの個性」

手術により、舌の6割以上を切除し太ももの組織を移植した堀さん。

ステージ4の口腔がんに続き、食道がんと2度のがんの告知を受けていました。

堀さんは、黒柳徹子さんから復帰を待っていたファンへコメントを求められると「大変でしたけど、無事戻ってきました」と涙ながらに喜びをあらわにしました。

リハビリの末、話すこともできるようになりましたが、時折発声しにくそうにする場面もありました。

その姿を見た黒柳さんは、堀さんを気遣ってこのようにコメント。

今の話し方は、もう堀さんの個性だと思って皆さんに聞いていただくことに。

徹子の部屋 ーより引用

手術前のようにスムーズな発声ができなくなってしまった堀さんの話し方を、『個性』として聞いてほしいと視聴者に呼びかけたのです。

病気に負けないということを伝えたかった

また、堀さんはテレビ番組へ復帰についてこのように語りました。

生きて戻ってこれないという覚悟も致しましたけれども、でもやっぱり医療の進歩というか、そういうもので決してがんだからといって病気に負けないということもお伝えしたくて。

徹子の部屋 ーより引用

堀さんは、病気に負けず復帰できることを証明したかったといいます。

番組の終了間際には「お聞き苦しい点がたくさんあったと思いますけど、すみません」とコメント。

黒柳さんは、「会えて本当によかったわ。今度歌ってね」と堀さんと握手をして番組を締めました。

【ネットの声】

・涙が出ました。堀さんの肉声を聞けて良かったです。

・黒柳さんの「個性」という言葉は堀さんにとっても嬉しかったと思う。

・堀さんが発声しにくそうにしていると、黒柳さんが優しくサポートしてあげてて泣けた。

黒柳さんの言葉は、堀さんだけでなく病気で戦う多くの人を勇気づけたことでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典 徹子の部屋

grape

「手術」をもっと詳しく

「手術」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ