黒島結菜&高杉真宙、子犬のような“犬顔俳優”が可愛いすぎ!

1月7日(日)17時0分 クランクイン!

映画『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』場面写真(C)2018「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社

写真を拡大

 いくえみ綾によるコミックを基に、黒島結菜と小瀧望がダブル主演を務める映画『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』から新たな場面写真が解禁。子犬のような可愛らしさを持った“犬顔俳優”である黒島が演じる主人公と、同じく犬顔の高杉真宙が演じるゆるふわ系イケメンの姿は必見だ。 東京から札幌に移り住んできた、まっすぐで不器用なヒロイン・住友糸真(黒島)が、“俺様系イケメン”舘林弦(小瀧)と“ゆるふわ系イケメン”桜井和央(高杉)の間で揺れ動く姿を描く本作には、“犬顔”俳優が勢揃い。犬顔とは、黒目がちの瞳や笑顔の可愛さ、素直で人懐っこいキャラクターが特徴で、ツイッター上では「#犬顔」が作られ、人気俳優投票が行われるなど、注目されている。

 主人公の糸真を演じる黒島は、昨年ドラマ『アシガール』で主演を務めたほか、映画・ドラマ・舞台と幅広く活躍中。本作では、できるだけ“普通の女の子”に見えるように、篠原哲雄監督と綿密な打ち合わせを行い、子犬のようなまっすぐな瞳を輝かせながら、等身大の女子高生を演じた。本作で映画初主演を果たし、ドラマ『もみ消して冬 〜わが家の問題なかったことに〜』ではコメディにも挑戦する小瀧は、原作でも人気のキャラクターである弦を演じる上で減量を実行。転校してきたばかりの糸真につらく当たるなど、一見ぶっきらぼうな弦だが、幼馴染の和央には時折優しさを見せるなど、そのギャップにも注目だ。劇中では、どこに行くにも和央にくっついていく、犬っぽい一面も見せる。

 一方の高杉は、なかなか新生活に馴染めないでいる糸真ともすぐ打ち解けるほど、人懐っこい和央を演じており、その優しい笑顔に癒される。また、ドラマ『賭ケグルイ』では、賭け狂う主人公に翻弄される男子を演じ、まさに犬になった姿が公開されると、SNSを中心に反響が起こった。なお、公開待機作『世界でいちばん長い写真』『虹色デイズ』など主演映画作品が立て続けに公開するため、今後の活躍からも目が離せなさそうだ。

 映画『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』は、3月3日より全国公開。

クランクイン!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

黒島結菜をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ