富山県を走る路面電車「ドラえもんトラム」が「プラレール」に

1月7日(月)17時33分 J-CASTニュース

原作の藤子・F・不二雄さんの故郷を走る「ドラえもんトラム」がプラレールに

写真を拡大

タカラトミーは、鉄道玩具「プラレール」シリーズから、アニメ「ドラえもん」をデザインした「SC-06 ドラえもんトラム」を、2019年1月17日に専門店「プラレールショップ」および全国の玩具店などで発売する。

ドラえもんカラーの車体や「どこでもドア」を忠実に再現



富山県高岡市〜射水市を走る路面電車・万葉線「MLRV1000型」に、高岡市出身の漫画家、藤子・F・不二雄さん原作の「ドラえもん」のラッピングを施した車両「ドラえもんトラム」をプラレール化。



ドラえもんカラーの車体や窓に描かれているキャラクターたち、ドラえもんのひみつ道具「どこでもドア」モチーフのピンクのドアなどを忠実に再現したという。



電源は単3形乾電池×1本(別売)。



価格は2400円(税別)。

J-CASTニュース

「電車」をもっと詳しく

「電車」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ