『兄貴』D.O.(EXO)&チョ・ジョンソク、和やかなムードでクランクアップ

1月7日(木)14時9分 KEJNEWS

【5日=KEJ金善花】映画『兄貴』が12月31日におよそ3ヶ月間の撮影を終えた。

本作は、詐欺師で服役中だったドゥシク(チョ・ジョンソク)が15年ぶりに元柔道選手の弟ドゥヨン(D.O.(EXO))の前に現れることから始まるストーリー。ドゥシクは韓国代表レベルの柔道選手の弟を口実に仮釈放を受ける。そんな弟ドゥヨンは代表選抜大会の前に事故に遭い、人生が一転してしまう。

またドゥヨンに第2の人生を提案する柔道コーチスヒョン役にパク・シネが選ばれ、豪華キャストとして撮影前から注目を集めていた。

最後の撮影は冷え込む天候のなか、和気藹々とした雰囲気のなか行われたとのこと。兄弟として共演したD.O.とチョ・ジョンソクは相性ピッタリの姿を見せたという。

クランクアップし、チョ・ジョンソクは「素晴らしいスタッフのおかげで撮影が無事に終わりました。弟ドゥヨンであるD.O.の新たな姿が見られるでしょう。期待してください」と話した。

そしてD.O.は「まだ実感がありません。すごく素敵な監督、スタッフ、そしてジョンソク兄さんと映画を楽しく撮影しました」とし、パク・シネは「すごく温かい兄弟の物語です。現場で2人と一緒でとても楽しかったです」と笑顔を見せた。

映画『兄貴』は、編集作業に入り、年内の公開を目指す。(写真=CJエンターテインメント)

KEJNEWS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

EXOをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ