「宇宙で一番可愛い」石原さとみ、キュートすぎる探偵ルックに魅了される男性が続出

1月7日(土)12時0分 メンズサイゾー

 女優の石原さとみ(30)がイメージキャラクターを務める東京メトロのキャンペーン「Find my Tokyo.」のCM第4弾が特設サイトで公開され、ネット上で「可愛すぎる」と絶賛が巻き起こっている。


 同シリーズは東京各所を訪れ、その魅力を再発見する内容。今回は「サブカルの聖地」と呼ばれる中野を訪問し、8段のソフトクリームが食べられる中野ブロードウェイ地下の飲食店や、リズミカルな飴作りが見られるキャンディショップ「パパブブレ」、ビルの谷間に突如現れるイルミネーションが素敵な「レンガ坂」などで中野の魅力を紹介していく。


 石原はシャーロック・ホームズのような探偵ルックをまとって中野の街を探索しているのだが、CMの内容以上に彼女のキュートな姿に魅了される男性が続出。ネット上では「探偵衣装がたまらない」「可愛い...彼女にしたい!」「これは萌えるわ(鼻血)」「宇宙でいちばんかわいい女の子の堂々1位だな」「これで30歳ってマジ?世界一可愛いんだけど」などと絶賛コメントが殺到している。


 また、CMソングは「クリープハイプ×谷口鮪(KANA-BOON)」としてスペシャルバージョンの曲が用意され、CM本編にもクリープハイプ・尾崎世界観(32)、KANA-BOON・谷口鮪(26)が特別出演。石原との珍しいスリーショットも実現しており、同CMが話題になる要素のひとつになっているようだ。


 さらに公式サイトでは、2月に開催される東京マラソンに向けて特別に制作した「石原さとみのランニングフォームレッスン動画」や、3月に紹介する予定の中野坂上での"チャレンジ動画"も公開。怪獣をテーマにしたカフェ「大怪獣サロン」で楽しんだり、貴重なヴィンテージトイに名前を付けたり、さまざまな"チャレンジ"をしている。こちらも「可愛すぎる」と評判になっており、CMシリーズの注目度が急上昇しそうな気配だ。


 30代に入っても男性人気はうなぎ上りの状況だが、特徴的なのは女性支持も負けず劣らず高いこと。今回のCMでも女性層から「可愛い」の大合唱が発生しており、同性人気の高さをうかがわせた。


「昨年末、石原さんは美容誌『美的』(小学館)のアンケート企画で『なりたい顔』の1位を2年連続で獲得。さらにORICON STYLEが発表した『第10回女性が選ぶ"なりたい顔"ランキング』でも初の1位に選ばれ、現代女性のあこがれの的になっていることを証明した。かつては小悪魔的なルックスで『女が嫌いな女』ランキングの常連だったこともありましたが、完全にイメージを覆したといえるでしょう」(芸能ライター)


 その人気を背景に昨年は大ヒットした映画『シン・ゴジラ』や、主演ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)など話題作に立て続けに出演。男性ファンからはキュートすぎるルックスが大注目され、女性層からはメイクやファッションを「お手本」にされるという存在になっている。


「ただ美人というだけでなく、収録現場でも誰にでも分け隔てなく優しいと評判。共演者だけでなく下っ端のADにまで同じように気遣い、それに業界内の男性たちも魅了されてしまう。かといって女を武器にしているわけではなく、ロケ企画で庶民的な居酒屋を訪れ、豪快な飲みっぷりを披露しながら居合わせたおじいさんと意気投合してしまうなど意外にもサバサバ系。あれだけの美貌で性格美人とくれば、人気が出ない方がおかしい」(芸能関係者)


 男女双方から「好かれる女」になった石原。女盛りの30代となった彼女の快進撃は今後もしばらく続きそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石原さとみをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ