E-girls藤井夏恋、姉・萩花の芸能界引退に「新しい夢を応援したい」とエール

1月7日(日)12時4分 MAiDiGiTV


 女性ダンス&ボーカルグループ「E-girls(イーガールズ)」が1月5日、中目黒八幡神社(東京都目黒区)で最新シングル「あいしてると言ってよかった」(1月31日発売)のヒット祈願を行った。メンバーの藤井夏恋さんは、昨年末に芸能界引退を発表した元メンバーで、姉の藤井萩花さんについて「私もビックリしました。萩花の夢、プライベートで話をしていると、(引退に)納得することも多かった。新しい夢を応援したいし、私も萩花と共に頑張ろうと思いました」とエールを送った。

 萩花さんと家族で話したという夏恋さんは「(新しい夢を)親も応援しているので、お互い親孝行できるように頑張っていけたら」とコメント。また萩花さんと夏恋さんのユニット「ShuuKaRen」の活動終了について聞かれると「そうですね。ShuuKaRenとして1枚シングルを出させていただいた。私の中でもレアな活動だった。表現力を広げる良い機会だったかなと思います」と振り返った。

 萩花さんは、昨年10月に発症した頸椎(けいつい)椎間板ヘルニアで休養していたが、12月31日に公式サイトで芸能界の引退を発表。ユニット「ShuuKaRen」も活動終了となった。今後は芸能界とは違う環境に身を置き、アートやファッション、絵、写真などを通じて表現できることを勉強する時間に費やすという。

MAiDiGiTV

この記事が気に入ったらいいね!しよう

引退をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ