野村克也、亡き妻を語る「ここまで来られたのはサッチーのおかげ」

1月7日(日)5時0分 マイナビニュース

野球解説者の野村克也氏が、テレビ朝日系バラエティ特番『プロ野球総選挙』(8日19:00〜21:48)に出演し、昨年12月に急死した沙知代夫人への思いを語る。

この番組は、野球ファン1万人に「本当にスゴい」と思う野手・投手を投票してもらい、作成したランキングを発表するというもの。スタジオには伊集院光井森美幸徳光和夫稲村亜美といったプロ野球ファンに加え、現役選手代表として金子千尋、OBから川上憲伸、古田敦也、さらには野村克也、福本豊といった重鎮も登場し、それぞれがランキングの1位野手と投手を予想しながら、思い出の選手についてトークを展開する。

野村氏は、現役時代に王貞治、長嶋茂雄と対戦した時の"ささやき戦術"や、ヤクルト監督時代の愛弟子・古田を「勉強させるため1カ月はベンチで自分の横に座らせていた」などの秘話を公開。

昨年12月に沙知代夫人を亡くした野村氏だが、収録中にMCの爆笑問題・太田光から「元気そうな姿を見せてくれてうれしい」と言われると、「僕がここまで来られたのはサッチーのおかげ。この間、俺より先に逝くなと言ったばかりだったんです。俺が先に逝くから、と。本当に急死だったのでびっくりしました」と思いを語る。

太田は収録後、「僕としては、今日ノムさん(野村氏)の元気な姿が見られたのは幸せです」と話していた。

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

野村克也をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ