不倫で仕事を失った斉藤由貴がオファーされる仕事とは?

1月7日(日)10時0分 まいじつ


(C)まいじつ



50代の男性医師との不倫を報じられて話題となった斉藤由貴が、映画『リベンジgirl』の初日舞台あいさつに出席したのは昨年12月23日。8月の不倫釈明記者会見から4カ月ぶりのことだった。


【関連】 2018年は不倫報道が少なくなる? ほか


「舞台から去る際、報道陣から不倫騒動絡みの質問が飛びましたが、大音量に守られて無言を貫きました。久しぶりの公の場なので斉藤に注目が集まるのは当然なのですが、とばっちりを受けたのは主役を演じた桐谷です。翌日のワイドショーでは斉藤が大きく取り上げられ、完全に脇役に回ってしまいました。ただ、この直前に桐谷は三浦翔平との交際が報じられており、実際には斉藤に盾になってもらった格好です。内心では感謝していたのではないでしょうか」(芸能ライター)



放送関連の仕事はことごとく失ったが…


斉藤は不倫騒動によっていろんな仕事を失った。


「斉藤は不倫報道後にNHKの大河ドラマ『西郷どん』、NHK Eテレ『NHK高校講座 物理基礎』の出演を辞退しています。また、auと美容商品通信販売エミネットの2社のCMについても契約更新を辞退しました。レギュラーを務めるニッポン放送『オールナイトニッポン MUSIC10』の出演も無期限休止しました」(同・ライター)


しかし、斉藤の今後の芸能活動については順調なのだという。


三谷幸喜が脚本と演出を務める舞台『ショーガール』(1月8〜14日)の日替わりゲストとして出演します。このように舞台や映画のオファーは多いようです。テレビはスポンサーが視聴者の反応を気にするので厳しいですが、舞台や映画は観客が斉藤の出演を知ったうえでお金を払って観に来るので関係ありません。50代前半であれだけ幅広い演技のできる女優は少ないため、斉藤を起用したがる演出家は多いです」(同・ライター)


2018年の斉藤の活躍に期待したい。



まいじつ

「不倫」をもっと詳しく

「不倫」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ