400億円の負債も... 深田恭子と『熱愛疑惑』の“実業家”の正体は?

1月7日(月)11時17分 まいじつ


(C)まいじつ



1月7日、一部スポーツ紙が女優・深田恭子の「熱愛」を報じた。お相手は36歳の実業家とされる人物で、SNSなどを見るとビジネスマン層に人気がある人物のようだ。


【関連】深田恭子『初めて恋をした日に読む話』の“残念女子”に強烈なデジャブ感 ほか


深田との熱愛が報じられたのは不動産会社を経営する杉本宏之氏。ネットでは「不動産業界の風雲児」と呼ばれる人物だが、過去には経営に失敗したこともあったという。2014年の著書『30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由』では、当時史上最年少で会社を上場させたものの、2008年の不況で破綻に追い込まれた過去や、そこから再起した経緯がつづられている。


ネットでも同書を



《人が散り散りになっていくところ、明日のお金をどうするかという焦燥感は一気読み確実》

《「誰とするか」という重要性に気づかされる本》



などと絶賛する声が集まっていた。今回の報道については、「金持ちなら深キョンとも結婚できるのか」「こんな見てくれで深田と付き合うなんて」と嫉妬する声も多いが、「どん底からはい上がって女優と付き合えるなんて」との声もある。



石原さとみの彼氏の評判も良好だが…


また、ビジネスマンから評判が高いのは、石原さとみとの交際が噂される前田裕二氏だ。ネット配信サービス『SHOWROOM』を運営する前田氏は、初めての著書『人生の勝算』がヒット。石原の誕生日に当たる昨年12月24日には自身2作目となる著書『メモの魔力』を出版、昨年12月の時点で17万部を超える大ヒット作となっている。


普段からメモをこまめにとるという前田氏には



《前田裕二さんは恋愛に関してもメモをとってるのかな》

《まずは前田さんの真似をしよ。石原さとみと付き合えるかもしれないし》

《石原さとみと付き合うために大事な要素が詰まってる》



と茶化す声も飛ぶが、おおむね評判は良いようだ。


一方、女優と交際して批判を浴びているのはファッション通販サイト『ZOZOTOWN』の前澤友作氏。今年に入ってからは自費で100人に100万円をプレゼントするという大型企画を用意し、フォロワーは一気に増加。ソフトバンクの孫正義氏を超えた。


しかし女優との交際に対する批判はやまず



《100万いらんから剛力くれ》

《知らない人に100万あげるって彼女の剛力彩芽はどんだけ奢ってもらってるんだ》



と、比較的ネガティブな嫉妬の声も聞かれる。


女優と交際するのは夢のようなことだが、周囲からの嫉妬は避けて通れない道のようだ。



まいじつ

「深田恭子」をもっと詳しく

「深田恭子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ