ベッキーが“不倫報道”を謝罪、文春記事の一部認めるも「友人」強調。

1月7日(木)0時12分 ナリナリドットコム

タレントのベッキー(31歳)が1月6日、人気バンド・ゲスの極み乙女。のヴォーカル・川谷絵音(27歳)との熱愛に関する記事が7日発売の「週刊文春」に掲載されることについて記者会見を実施。熱愛を否定した。

ベッキーは冒頭「今回、発売される記事に関して、多くの方々、テレビ・CM・ラジオの関係者の皆さま、そしてファンの皆さまに多大なるご迷惑とご心配お掛けしましたこと深くお詫びいたします。申し訳ありませんでした」と謝罪。

そして「私はアーティスト・川谷絵音さんの作る音楽のファンでありまして、ライブにも行かせていただき、打ち上げなどで話もさせていただき、その中で川谷さんと連絡をするようになりました。2人で食事に出かけたこともあります。お正月に長崎のご実家にお邪魔したことも事実です」と記事の内容も一部認めた。

ただ、「お付き合いということはなく、友人関係であることは間違いありません」と、交際については否定。

その上で「私のとった行動はたくさんの方々にご迷惑をお掛けし、誤解を招くような大変軽率な行為だったと深く反省しています。申し訳ありませんでした」「川谷さんのご家族の皆さま、ファンの皆さま、関係者の皆さまに多大なるご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫びいたします。そして私ベッキーを応援してくださっているファンの皆さま、関係者の皆さまにも、深くお詫びいたします。申し訳ございませんでした」と重ねて謝罪した。

会見では質疑応答の時間はなく、最後に「今回の私の軽率な行為を深く反省し、また皆さまの前で笑顔でお仕事させていただけるように、これからは一日一日を大切に過ごしたいと思います」と語り、会見を締めくくった。

7日発売の「週刊文春」では、2人は昨年10月に出会い、交際に発展。しかし川谷は昨年夏にかねてより交際していた一般女性と結婚したばかりで、11月下旬に川谷から妻帯者であることが伝えられたという。その後も交際は続き、この正月には2人そろって川谷の故郷・長崎へ旅行に出かけ、実家マンションを訪問。マンションから出てきた2人を同誌が直撃していた。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ベッキーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ