鈴木奈々、友人の妻に“鬼ギレ”した理由

1月7日(日)14時6分 ナリナリドットコム

タレントの鈴木奈々(29歳)が、1月5日に放送されたバラエティ番組「必殺!バカリズム地獄」(AbemaTV)に出演。2017年に一番“鬼ギレ”したことを語った。

それは夫と、友だち夫婦の4人で食事に行ったときのこと。「そのときに、お友だち夫婦のお嫁さんが、すっごい洋服を着て来たんですよ。谷間丸出しの洋服」と、かなり露出の多い服で現れたのだという。

この日、番組には、マンガ「アラサーちゃん」作者の峰なゆかが、布の少ない大胆な衣装で出演していたが、鈴木は「まさにこんな感じ!こんな感じ!」と興奮気味に説明。

合コンなどアピールする必要のない、ただの友だち同士の食事会でのことゆえに、鈴木は「こういうの見るとイライラするんですよ。私がね、谷間が出来ないから」とコンプレックスが余計に苛立ちを募らせていたそうだ。

そして、「なんで谷間を、うちの旦那に見せに来るのって思って。本当にそのときはご飯も食べられる状況じゃなかった。旦那は何今考えてるんだろう。谷間見てるのかな、とか。すっごいコンプレックスなんですよ、胸が小っちゃい。今まで旦那が付き合ってきた人が巨乳が多かったんですよ。だから巨乳が好きなんだろうなと思って」と、まくし立てながら“鬼ギレ”する鈴木だった。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

鈴木奈々をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ