“可愛すぎる売り子”ほのかは福袋大好き

1月7日(日)12時55分 ナリナリドットコム

“可愛すぎる売り子”ことモデルでタレントのほのか(21歳)が、1週間の中で気になったニュースを紹介する「ほのトピ」。今回のラインアップは次の通りです。


[1]年賀状、1月8日からは「10円分の切手を貼り足して」
http://www.huffingtonpost.jp/2017/12/31/nengajo_a_23320715/

年が明けて少し経ちましたが、三が日を過ぎても年賀状が届くことはままあります。ただ、52円で出せるのは1月7日まで。1月8日以降は、たとえ年賀ハガキでも10円プラスした62円になるので注意が必要です。

ほのかは「このことを知って、改めて年賀状は早く出さないといけないなと思いました。今年は、学校の友人にはSNSで新年の挨拶をしたのですが、親戚などには元日に届くことを目標にして年賀状の作成をしていました。宛名やメッセージなどを手書きで書いていたので、思っていたより時間がかかり、意外と年末ぎりぎりまでかかってしまいました。年賀状を52円で出すためにも、早い段階での準備が必要ですよね」とコメント。今年の年末、2019年に向けた年賀状は早めに準備できると良いですね!


[2]『スターバックス』の福袋
https://rocketnews24.com/2018/01/01/1000840/

お正月といえば福袋。お休みの間に、あれやこれや福袋を買ってみたという人も多いかもしれません。

ほのかは今回、スターバックスコーヒーの福袋の中身を公開している記事に興味を引かれた様子。「(スタバの福袋は)6000円なのに、1万円分以上も様々なグッズや飲み物が入っているんですね。私はスタバの飲み物が大好きでよく利用するんですが、私のようなスタバファンからしたらとても嬉しいです!! ただ今年は抽選販売とのことだったので、買えるかどうかは本当に運任せですね。福袋の、開けるまでのワクワク感がたまらなく好きです!」と語っています。


[3]おせち料理の意味と由来、ルール
http://tg-uchi.jp/topics/3424

おせち料理、皆さんは食べましたか? ほのかは「私は毎年お正月に必ずおせちを食べるのですが、あまり意味を把握せずに食べていました」とのこと。東京ガスの情報サイト「ウチコト」では、おせち料理の意味、例えば「数の子は子孫繁栄」「田作りは五穀豊穣」「黒豆は邪気払い」などを紹介しています。

「こうして込められた願いを考えながら食べてみるのも面白いですね」と、ほのかも発見があったようです。

また、おせち料理の「黒豆」のもうひとつの由来、「黒く日焼けするほどマメに、勤勉に働けるようにとの願いが込められています」については「かっこいいと思いました」。

ちなみにほのかが好きな栗きんとんは「『豊かさと勝負運を願う』ということなので、豊かな1年になるように2018年を送りたいです!」と抱負を語っています。


[4]インフルエンザ予防に睡眠が重要
https://allabout.co.jp/gm/gc/301462/

今の時期、多くの人がインフルエンザに罹患しないよう、気を付けていると思います。さまざまな予防法が、メディアなどを通じて発信されていますが、「All About」は「良質な睡眠は、風邪・インフルエンザ予防と治療にとても重要」と、睡眠の大切さを訴えています。

また、睡眠時には喉(口の中)の乾燥を避けるよう、寝室の室温を15〜20度、湿度は50〜60%を保つことも大事なポイントなのだとか。

ほのかは「『寝る子は育つ』は科学的に見ても本当だったんですね。テスト期間の前とか、必死になって勉強している時などは、寝なくても大丈夫と思ってる人は多いと思います。ですが、免役を上げることなどメリットが大きいとのことなので、睡眠はきちんととるべきだなと思いました。私は夜寝るときにいつの間にか口呼吸をしていて、朝起きたら喉が乾燥して痛いことがよくあります。風邪やインフルエンザの予防のためにも、これからは鼻呼吸を意識してみようと思いました」と、インフルエンザ予防への意識が高まったようです。

ナリナリドットコム

「売り子」をもっと詳しく

「売り子」のニュース

BIGLOBE
トップへ