Kiroroがデビュー20周年記念ライブ

1月7日(日)22時19分 ナリナリドットコム

女性デュオ・Kiroroが1月7日、都内でデビュー20周年記念スペシャルライブ「20年間ありがとう!〜みんなが聞きたいキロロの歌あつめました〜」を実施し、GYAO!にて生配信を行った。

Kiroroのデビュー20周年を記念した本ライブでは、「長い間」「未来へ」「Best Friend」などの代表曲はもちろん、「冬のうた」「最後のKiss」「もう少し」といった懐かしのヒット曲や、1月24日リリースのアルバム「アイハベル」からの新曲「アニバーサリー」を含む全12曲を披露。

最後はスタジオに集まった30名の新成人の観覧者と共に「未来へ」を合唱し、8日に成人式を迎える20歳の男女にエールを送った。

また、エンディング前にはメンバーにサプライズで、浅田真央からの20周年お祝いコメント動画を紹介。メンバーが驚きながらも喜ぶ場面もあった。


☆Kiroroのコメント

◎当日を振り返って

金城:今年で20周年ということですが、とてもこの20年が早かったですね。うち10年は子育てをしているのですが(笑)。Kiroroも40歳。20歳で沖縄から上京をしてきて、当時のことは忙しくてあまり覚えていないです(笑)。だけど(忙しいというのは)悪い意味ではなく、デビュー前でとても充実した日々を送っていたという感じです。今日はその思い出を振り返りながら演奏しています

玉城:いまこうしてkiroroとして歌えることを感謝しています。


◎成人の方に向けて

玉城:20歳の皆さん、おめでとうございます。ちょうど皆さんが生まれた20年前にデビューをしたということになるので、とても感慨深いです。

金城:私たちが20歳のころは、1月21日がちょうどデビューで。当時は1月15日が成人式だったのですが、その日は大雪が降ってちょうどラジオ局での収録があって、雪の中を歩いていた記憶があります。沖縄からでてきて雪にあまり慣れていなくてとても寒かったです。


☆浅田真央のコメント

こんにちは、浅田真央です。Kiroroさん、20周年おめでとうございます。大晦日では生演奏していただき、どうもありがとうございました。Kiroroさんの「未来へ」という曲は(浅田)舞と(浅田)真央が、歩んできた道と重なる部分がとてもあり、何度も励まされてきました。これからもいろいろな曲をたくさん作ってください。これからも応援しています。がんばってください。

(浅田真央のコメントを受けたKiroroのコメント)

とてもうれしかったです。年末に(TBSの「KYOKUGEN」)、浅田真央ちゃんのバックで「未来へ」を歌わせていただいたのですが、彼女のオーラ、美しさ、清らかさに圧倒されました。
ちょうど「未来へ」をリリースしたとき、浅田真央さんのことはテレビでみていました。きっと彼女のなかでも葛藤はあったのかなと思いました。
こうして「未来へ」という曲が場所も時代も越えて、つながって思い出になっていっているのがとても驚きましたが、大変うれしく思っています。
これからは点数とかではなく、自分が楽しむような形でスケートをされるんだろうなと、テレビで今後も応援しています。

ナリナリドットコム

「Kiroro」をもっと詳しく

「Kiroro」のニュース

BIGLOBE
トップへ