松本潤『99.9』続編でダジャレ猛練習 香川照之が証言「50回から100回くらい」

1月7日(日)16時16分 オリコン

TBS系連続ドラマ日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士- SEASONII』制作発表会見に出席した(左から)馬場園梓、片桐仁、香川照之、木村文乃、マギー、岸部一徳 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 人気グループ・嵐の松本潤が14日スタートのTBS系連続ドラマ日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士- SEASONII』(毎週日曜 後9:00※初回25分拡大)制作発表会見に出席した。劇中のみどころとなるのが主人公の弁護士・深山大翔を演じる松本のダジャレ。共演の香川照之は「松本さんはダジャレに関しては妥協されない。iPhoneに音を録って、オーバーじゃなく50回から100回くらいず〜っと入れては聞き、入れては聞き、ここの音をのばしたほうがいい、強く言ったほうがいいとか、本ゼリフの練習は一切なく! オヤジギャグのところだけ繊細に作り出してる」とその並々ならぬこだわりに感心した。

 松本も「現状3話まで録ってますけど、1、2、3ってステップアップしてる」と自信満々。今シーズンから参加となった木村文乃はその姿を間近にみて「オンエアされるかはわからないけど、それくらいオヤジギャグの神様が憑依されてますよね」と圧倒されたようで、松本は「どういったら面白くないものを見てる人が面白くみてもらえるか考えてます」とギャグシーンとはいえども真剣に取り組んでいることを明かした。
 
 同ドラマは2016年4月に放送された人気シリーズ第二弾。日本の刑事裁判における有罪率は99.9%で、いったん起訴されたらほぼ有罪が確定してしまう。そんな残りの0.1%に隠された事実に挑む弁護士たちの姿を追ったリーガル・エンターテインメントを描く。年始には、役者だけで集まって台本読みを自主的に行ったというほど現場は一致団結しており、木村も「これがうわさに聞いてたチーム感かと」とびっくり。

 また、劇中では前作で榮倉奈々が演じたプロレス好き女子“プ女子”キャラを引き継ぐ馬場園梓はプライベートでもプロレス好きであることから「これをきっかけにプロレスに興味を持ってもらえれば」と意気込むと松本からは「何を背負ってここに立ってるの?」とツッコミをいれられていた。

 会見には、片桐仁、マギー、岸部一徳も登壇した。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

松本潤をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ