「サザエさんは前妻の子」「タラちゃんは暴れん坊」…『サザエさん』70周年記念、改めて振り返る“磯野家の衝撃事実”

1月7日(木)21時0分 おたぽる

『サザエさん2016』(週刊朝日増刊)

写真を拡大

「サザエさんは前妻の子」「タラちゃんは暴れん坊」…『サザエさん』70周年記念、改めて振り返る“磯野家の衝撃事実”

 1946年に連載がスタートした『サザエさん』。今年、連載開始から70年を迎えるとあって、昨年末12月29日には朝日新聞から過去の作品(300点)を厳選した増刊『サザエさん2016』が発売されるなど、“周年”を祝うムードが高まりつつある。

 原作本にスポットがあたる中、久しぶりに注目を集めているのが、アニメでは明かされていない「磯野家の秘密」だ。サブカル系ライターがその一部を解説する。

「サザエは波平の前妻である海原潮の娘で、波平の現在の妻であるフネとは血のつながりはない、という説もあるんです。フネはお見合いで結ばれた波平の2番目の妻で、実家は静岡にあり旧姓は石田。実際、原作では2人で波平の前妻の墓参りに行く場面があります。ちなみに、前妻はサザエを産んで間もなく、病気か交通事故だかで亡くなったとか」

 サザエとカツオの不自然な年齢差にはこんな真実があったわけである。
 また、原作には登場していないキャラや設定もあるという。

「波平には双子の兄である海平がいます。見分け方としては、波平は髪の毛が1本で海平は2本。原作では10年後のサザエ一家を描いたページがあり、そこにはタラちゃんの妹のヒトデちゃんが登場します。おそらく、アニメ版は成長しないのでずっと出てこられないんでしょうね(笑)。ちなみに、初期のタラちゃんは乱暴者という設定。悪戯をして物置小屋に閉じ込められたときに『開けろ! 子供をいじめんな!!』と2歳児とは思えないセリフを吐いています」(同)

 また、マスオさんは二浪して早稲田卒、アナゴさんは京都大学卒と思わぬ高学歴。実はエリート商社マンだったのだ!

 30代以上の方なら1992年に発売され、話題となった『磯野家の謎』(飛鳥出版)を思い出す人も多いだろうが、原作マンガはわりとファンキーで、毒気の強い一面もあった。すっかり国民的アニメになり、毒気の抜けたアニメ『サザエさん』もいいが、せっかくの節目の年。たまにはマンガ『サザエさん』を眺めてみてはいかがだろうか。

おたぽる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

サザエさんをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ