陣内智則、一人の女性に7回告白して7回フラれた過去明かす

1月7日(日)12時50分 RBB TODAY

陣内智則(撮影:編集部)

写真を拡大

7日に放送された『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)に、陣内智則が出演。
学生時代の失恋エピソードを告白した。

 彼が高校生だった頃、校内の廊下ですれ違う時、なぜかいつも目が合う女子がいたという。陣内は「自分のこと気になってるんや」と思いこみ、夏休み中、彼女の家を訪ねて思い切って告白。しかし返事は「NO」。それでも帰る途中で陣内は「だって廊下で何度も目が合ったよな」と思い返し、「あれは照れてるだけだ」と勘違い。後日同じように告白しに行くもそのたびにフラれたという。

 告白すること4回目、なんとその彼女から、実は年上の男性と付き合っていると言われ、勝ち目がないと思ったものの、それ以降は「自分のノルマ」となり、「また、いっとかないと納得できない」と告白していたという。

 そんなフラれた女性とは今でも仲が良いらしく、数年前には「うちの娘が陣内くんのことが好きだから写真を一緒に撮ってくれないか」と言われ、会ったという。すると、その娘が中学生くらいで、好きだった当時の女性とそっくりでドキドキしたと陣内は話した。溝端淳平から「思わず8回目いかなかったんですか?」と言われると、陣内は笑いが止まらずにいた。

RBB TODAY

この記事が気に入ったらいいね!しよう

告白をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ