『あさが来た』 五代友厚の死あればクライマックスに影響か

1月7日(木)16時0分 NEWSポストセブン

『あさが来た』の今後の展開は?(ディーン・フジオカ)

写真を拡大

『あまちゃん』、『花子とアン』、『マッサン』といった近年の人気NHK朝ドラの最高視聴率を次々と更新し、いまや国民的ドラマになった『あさが来た』。その勢いは2016年も止まらない。クライマックスに向けて「びっくりぽん」な新展開が用意されているという。


 どこからともなくふらりと現われ、幾度もあさのピンチを救ってきた実業家の五代友厚(ディーン・フジオカ)。「五代さま」の愛称で女性視聴者からの人気も高い重要キャラクターだ。


 ところが、「実は五代とも悲しい別れが待っていそうなんです」というのは、NHKの番組制作スタッフだ。


 新年の放送開始早々、五代はあさの夫・新次郎(玉木宏)の後押しを受け、大阪で「商法会議所」の開設準備に奔走する。かつてはあさを巡る恋のライバルだった新次郎の、「商人」としての能力を認めた五代はそれ以降、あさへの想いを断ち切り、男同士の熱い友情を育んでいくという。


 会議所の開設は史実に沿った展開だが、そうなると五代は突然の病魔に襲われることになる。


「史実での五代は糖尿病に罹り、痩せ衰えて49歳の若さで亡くなりました。ドラマの五代も痩せ細り、東京で療養生活を送るために、あさとの別れが訪れる予定です。“死んではならない”というあさの言葉に支えられて東京で必死の療養生活を送ります」(前出・番組制作スタッフ)


 五代の早すぎる死があるとすれば、あさの今後に影響を与えないはずはない。それがクライマックスの展開に大きくつながっていくとみられている。


※週刊ポスト2016年1月15・22日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

あさが来たをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ