古瀬絵理アナと竹中知華アナ 胸にまつわる苦労を語り合う

1月7日(木)7時0分 NEWSポストセブン

胸の悩みについて語り合う竹中知華アナ(左)と古瀬絵理アナ

写真を拡大

 共にNHKの地方局の契約アナウンサーから全国区のスターダムにのし上がった「スイカップ」こと古瀬絵理アナ(元山形放送局)と「パイナップル乳」こと竹中知華アナ(元沖縄放送局)が初対談。2人ともまずはネットから話題となったが、現場ではどんな反応が起きていたのか?


──インターネットで「巨乳アナ」と騒がれた時にはNHKから何と?


古瀬:放送部長に呼び出されて「古瀬君、世の中が平和だと人々は余計なことで騒ぐんだよ」って話し始めて、何事かと思ったら週刊誌が私のことを取り上げたようで。そこから1週間、自宅待機させられました。


竹中:私は2011年に古瀬さんが結婚された時、ネットの掲示板に〈第2のスイカップが沖縄にいた〉と私の画像が載ったんです。私の結婚式の4日後でした。こっちも結婚したばかりなのに! とは思いましたね。


古瀬:その時、上司は?


竹中:「目が大きいのと同じ。悪いことはしていないから気にするな」と言ってくれました。私も1週間の自宅待機だったのですが、その間ずっとネットの掲示板を読んでて……


古瀬:それは絶対やっちゃダメ! 良いことなんて一つも書いてないから。


竹中:凹みました。〈おっぱいだけのビッチ〉とか〈大きすぎて逆にキモい〉とか〈W不倫の末にバツイチ〉だとか。バツイチは本当なのですが、W不倫なんてありえない。復帰後、局にもそれまでになかった〈胸にばかり目がいってニュースが頭に入らない〉、〈青少年に悪影響だ〉といったクレームも入るようになって。


古瀬:私も似たような状況で、落ち込みました。それからは、「胸は隠すように」と言われ、局内ではジャケット着用が義務付けられました。


竹中:私も服装には配慮しました。胸の膨らみでシャツのボタンとボタンの間が開いてしまうので、そこを縫ったり。


古瀬:お辞儀をする時に谷間が見えないよう、強力な両面テープで谷間と衣装を固定していました。


竹中:生放送でボタンが飛んだら本当に放送事故になる、ボタンが飛んだらNHKをクビになる、という思いで縫っていました。


古瀬:お互いに苦労しましたね(しみじみ)。


【プロフィール】

ふるせ・えり/1978年山形県生まれ。2000年にNHK山形放送局の契約アナウンサーになる。2003年頃に山形名産のスイカに引っ掛けた“スイカップ”という愛称をつけられ全国区に。2004年にフリーに転身し2011年に結婚。現在はラジオや講演などで活動中。


たけなか・ともか/1982年広島県生まれ。2005年に青森朝日放送に入社。2008年にNHK沖縄放送局の契約アナウンサーになり、7年間にわたり朝のニュース番組を担当。2011年頃から“パイナップル乳”と呼ばれるようになる。2011年に結婚、2015年4月からフリーアナウンサーに。


※週刊ポスト2016年1月15・22日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

古瀬絵理をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ